春花は竹富聖花だった!事務所の移籍理由と芸名変更について調査!

女優の春花さんって方をご存知ですか?

 

なんとなくこれからやる面白い映画ないかなあとか思ってみたら、『空と海のあいだ』がまずまず注目されてる感じで、その主演が春花さんだったんですね。

 

ところがどっこい、春花さんがどんな人か調べようとしてもろくな情報が出てこないったら。

 

これはもしや芸名変更したパティーンかと思ったらまさにビンゴ!

 

竹富聖花さんって方が2016年11月をもって芸名を変えていたんですね。

 

さすがに「竹富聖花」って名前だけは金ちゃんでも聞いたことがありました。

 

ですが、映画で主演を務めるほど人気がある方がどうして芸名を変えるのか、気になりますよね?

 

そんで事務所自体も移籍したというんだから、それもまた気になってしまいました。

 

ってなわけで、今回は竹富聖花さんこと春花さんの事務所の移籍理由と芸名の変更についてを調査していきます!

 

春花のプロフィール

出典元:https://twitter.com/soraumiaida/status/853641537653059584

名前:春花(はるか)

生年月日:1995年3月24日

出身地:愛知県

身長/体重:166㎝/?㎏

事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント

特技:ボクシング、レーシングカート

 

おもな出演作品

映画

2013年『生贄のジレンマ〈上〉』主演

2014年『ホットロード』

2015年『暗殺教室』

2015年『脳漿炸裂ガール』主演

2017年『空と海のあいだ』主演

 

ドラマ

2011年『生まれる。』

2012年『梅ちゃん先生』

2013年『八重の桜』

2014年『タイムスパイラル』

2015年『She』

 

事務所を移籍した理由

出典元:https://tsuiran.jp/word/1067709/daily?t=1483988400#

春花さんは現在の事務所はジャパン・ミュージックエンターテインメントですが、2016年5月まではスィートパワーに所属していました。

 

ちなみに所属事務所の主要な方はこんな感じです。

 

ジャパン・ミュージックエンターテインメント

鈴井杏樹、篠原涼子、谷原章介

 

スウィートパワー

内山理名、黒木メイサ、桐谷美玲

 

どちらもメンツが豪華!

 

かつてのスウィートパワーなんですが、こちらを離れた理由として考えられるのが、堀北真希さんの引退による説です。

 

現在は引退したので名前はありませんが、引退まで堀北さんはスウィートパワーに所属していました。

 

そして春花さんがスウィートパワーを事務所に選んだ理由が「堀北真希と一緒の事務所がよかったから」という憧れからなんです。

 

堀北さんは2017年2月末で芸能界を引退しましたが、堀北さんが引退する噂は以前からありました。

 

同じ事務所ならばなおさらそのようなことが耳に入ってきていたかもしれませんよね。

 

そんなわけで、憧れの堀北真希がいなくなるなら!という理由で事務所を離れるのは分からなくもないですよね。

 

スポンサーリンク

芸名を変更した理由

 

 

ここは調べても噂みたいなものもなかったので、金ちゃんが勝手に考察していきます。

 

春花さんは今でこそ女優一本ですが、前の事務所では読者モデルもしていて、『Ray』から『non-no』へと活動の場を移しながら、事務所を離れる4か月前に『non-no』を卒業しているんです。

 

このころはモデル兼女優ってイメージですかね。

 

そして、もしかするとスウィートパワー時代には、堀北真希さんへのあこがれだけで芸能生活を続けてきたのかもしれません。

 

その理由の一つに、もともと芸能界には興味がないということからも、そのように考えられるわけです。

 

しかし、その絶対的存在から離れ、一人の女優として活動することを決意したのではないでしょうか。

 

芸名の変更にはそのような意味が込められているような気がします。

スポンサーリンク

最後に

今回は芸名を変更した女優の春花さんについて書いていきましたが、いかがでしたか?

 

事務所を移籍することも芸名を変更することも簡単なことではなかったはずです。

 

それでも映画『空と海のあいだ』では主演に抜擢されていますし、今後も活躍していくことはまず間違いないでしょう。

 

そんな環境の変化をあえて選んだり、芸名を変更するという知名度で考えるとマイナスしかないようなことをしたりと、よく考えたら相当なハートの持ち主に思えてきました。

 

これから以前の竹富聖花ではなく、一日でも早く春花として世間に認知されるようになればいいですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。