東筑病院での院内感染(CRE)の原因は?予防法についても調査!

北九州市八幡西区にある東筑病院で、耐性菌とやらが入院患者4名から検出され、これによってうち3名が亡くなったことが分かりましたね。

どうもこの原因としては、院内感染という見方が強いとの見解が有力とのこと。

 

さて、当病院では看護師らの手洗いを徹底することで感染の拡大を防ごうという方針ではあるものの、果たしてこれで防げるものなのでしょうか?

そもそも今回感染した耐性菌、カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(DRE)とは何かも確認しつつ、その感染の原因や、予防法を見ていくことにしましょう。

 

はい、今更ですが、今回の金ちゃんは真面目に記事を書かせていただきます。

スポンサーリンク

カルバペネム耐性腸内細菌科細菌って何?

その症状としては、呼吸器や尿路、手術部位などなどの各種感染症を引き起こす原因についながるという、非常に危険な菌なんです。

今回の東筑病院においては、亡くなった方のうち2名が肺炎が玄以だったようですが、これとカルバペネム耐性腸内細菌科細菌との関連性が疑われているところなんですね。

 

そしてこの菌の厄介なところが、名前にもついている通り、「耐性」が強いことによって、抗生物質を使っての治療でも効き目が薄く、引き起こされた感染症がひどくなってしまう恐れがあるということ。

実際に今回の件で亡くなっている方が出てきているので、その重症化といった部分では非常に怖いことがお分かりいただけると思います。

 

カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)を予防するには?

CREことカルバペネム耐性腸内細菌科細菌の感染経路としては、接触感染によって感染してしまいます。

東筑病院の対策としては「手洗い」が挙げられていましたが、まさに最も効果的な予防法が手洗いということになるのは間違いありません。

 

また、病院側の対策としては、院内の消毒の徹底ということも挙げられるところです。

手を触れる部分、例えばドアノブや手すりといったところは多くの人が触れるので、この辺りを清潔に保っておくことが対策として有効であるようです。

 

さらに、医療器具の消毒も感染を防ぐために欠かせないことですので、東筑病院にはその辺も是非とも徹底していただきたいですね。

スポンサーリンク

最後に

今回はカルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)についてまとめていきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回は主に手洗いや消毒といったところでの感染の予防についてお話していきましたが、一人一人が腸内環境を整えていくことも感染症の予防につながります。

 

やはり免疫力を高めておくことは重要なことのようですが、今回の件ではやはり病院側が対策を徹底するしかありませんでした。

今回の一件を東筑病院には重く受け止めていただいて、今後の再発を絶対に引き起こさないようにしていただきたいですね。

 

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。