宇野実彩子の卒業はあるのか?伊藤千晃に続いての結婚は?

AAAの伊藤千晃さんが1月12日に結婚と妊娠を発表し、それに伴ってAAAからの卒業を表明しました。

 

非常に喜ばしいことではありますが、伊藤さんが卒業するということは、AAAでは宇野実彩子さんが唯一の女性メンバーになってしまうことを同時に意味するのであります。

 

そこで、宇野さんが今後卒業することはあるのか否かを、自分なりに考えていこうかと思います。

スポンサーリンク

どんどん減っていく女性メンバー

まずこの件について考えるにあたって思い出さなければならないのが、AAAがもともとは8人で活動しており、うちの3人が女性だったということ。

 

男女比が5:3

 

なかなかのバランスではないでしょうか。

 

ただ、もともとメンバーであった後藤友香里さんですが、2007年に機能性不正出血という病気が原因で倒れ、その後脱退してしまうという出来事がありました。

 

これで男女比が5:2

 

若干バランスは悪くはなりましたが、まあ全然大丈夫な範囲です。

 

むしろ世間的にはこの7人の状態から目にした方もかなり多いと思われます。

 

なにしろ初めてオリコンで1位を取ったのが2008年、初めて紅白歌合戦に出場したのが2010年、同じくレコード大賞を取ったのも同年ですから。

 

何なら投稿者の私ももともと7人だと思っており、後から8人だと知って驚きました。

 

 

しかし今回伊藤さんが抜けたことで、ある意味一大事に。

 

男女比が5:1になったではありませんか。

 

これは8人から7人になった時とは大きな違いです。

 

これは宇野さんにとって大きな影響をもたらすのではないでしょうか。

 

AAAはメンバー間で仲のよいグループとして評判がありますが、宇野さんは伊藤さんにしか話せないこともあったと思います。

いくら仲が良くても異性は異性。

 

これまで伊藤さんの存在がどれだけ大きかったのかを、宇野さんはこれから活動を続けていくにつれて感じることになるのではないでしょうか。

 

また、伊藤さんが今回のような流れになったことで、今度自分自身に同じ状況が起こった時に、どうしたらいいのかを考えることでしょう。

 

今回伊藤さんが卒業してもまだ女性では宇野さんがいます。

 

しかし、宇野さんが卒業するとき、女性メンバーは残っていません。

 

これはAAA全体を考えたときに今回以上の大打撃となること間違いなしです。

 

AAAの楽曲といえば、男性と女性のハモリが絶妙で、多くのファンの方はそのハモリに聴き入ってしまっていることと思います。

 

また、ダンスに関しても女性特有の華やかさがあって、これも魅力の1つです。

 

もし男性のみのAAAが生まれてしまったら、これらの魅力がなくなってしまい、それはもう多くの人が知っているAAAではなくなってしまいます。

 

事務所もこの事態を大きく受け止めていると思います。

 

宇野だけは外に出しちゃいけないと。

 

 

いかがでしょうか。

 

なんとなく今回の件は非常に喜ばしいことですが、AAAを考えたら手放しで喜べないことは確かです。

 

スポンサーリンク

宇野実彩子の結婚は?

続いて、宇野さんは結婚するのか?ということですが、まだ結婚はしないのではないかと思われます。

これまでメンバー間での熱愛が噂になることがたびたびありましたが、この線はないでしょう。

 

ただ、西島さんとは「出逢いのチカラ」シリーズで本当にお似合いだなと思っていたので、個人的にはそこがくっついても面白いと思っていましたが。

 

最近では、ちょっと時期をさかのぼりますが、昨年7月にこのような結婚観を語っていました。

 

今後は「仕事もプライベートも、30代の油乗った女性として謳歌していきたい」と意気込む宇野。結婚については「したいっていうか、適齢期だと思います」と打ち明け、「焦りがないと言ったら嘘になりますが、焦る自分と、プライベートにも仕事にも全然満足せずハングリーな自分がいるので、今後自分がどんな選択をするんだろうって、自分に対して楽しみです」と期待。

結婚の予定は全くないと言いつつも、「出会いは急に訪れますので“電撃”なんてことが無きにしもあらずですし、ずっとない場合もありますし…(笑)。温かく見守っていただけたら」とコメントした。

引用:modelpress 「モデルプレス」 https://mdpr.jp/news/detail/1602019

こんな感じなので、まだご結婚は先のことになるのではないでしょうか。

 

もしも結婚とか出産を考えたら、卒業でなくて休業という形をとってほしいです。

 

一ファンとして。

 

伊藤さんも戻りたかったら戻ってもいいんだよ。

スポンサーリンク