MY FIRST STORY(マイファス)がインディーズにこだわる理由!

ここ最近MY FIRST STORY(以下マイファス)というバンドにはまっておりまして、そのボーカルのHiroさんが森進一さんの息子さんであるとともに、ONE OK ROCKのボーカルであるTakaさんの弟さんという事実を知って驚愕している今日このごろ。

 

なんとマイファスはかなり売れているにもかかわらずインディーズだという事実も知ってしまったので、今回はこのことについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

どうしてインディーズにこだわるの?

普通は売れているアーティストさんはみんなメジャーレーベルからデビューしていると思いますよね。

 

ただ、彼らはそうじゃなかったんです。

 

2011年に結成したのち、大手のレコード会社からオファーを受けるものの、すべて断ってきました。

 

これは以下のような思いがあったからなんです。

 

「自分たち自身が納得できていない」

 

「今までの自然体の僕たちでは、僕たち自身が満足できる気がしない」

 

そして、あえてインディーズに身を置くことで自分たちらしさを模索し、向上心を持続させてきたんだそう。

 

大手レーベルに所属すると、どうしても会社側としては売り上げが欲しいので、自分たちの本当に納得した楽曲を提供できない可能性もありますからね。

 

この姿勢は本当に素晴らしいと感じますし、アーティストとしてこのような選択ができることは尊敬に値すると思います。

 

スポンサーリンク

インディーズバンドが日本武道館へ!

これまでの高い意識での活動の甲斐あって、インディーズでの活動でありながら、彼らはなんと日本武道館でライブをするまでに大きくなり、1万2000枚のチケットを即完売させてしまいました。

 

これは本当にすごいことでなんです。

 

基本的には日本武道館や横浜アリーナは会場を借りること自体に莫大な費用がかかるため、会社の力がないインディーズの状態でライブを行うのは相当難しいとされています。

 

 

それでも現実に公演を行ってしまったマイファス。

 

彼らは結成してインディーズに身を置いて、たった5年ほどでここまで成長してしまっていること、

また、ボーカルのHiroさんはまだ22歳で、今後の歌唱力の伸びしろやバンドとしての完成度を考えると、本当に末恐ろしいです。

 

マイファスが映画に!

これまで独自の姿勢で活動を続けてきたマイファス。

 

その活動が映画会社の目にとまり、なんとその生きざまがドキュメンタリー映画化されることに。

 

タイトルは「MY FIRST STORY DOCUMENTARY FILM ―全心―」

 

この映画が公開されるのは2月17日から2週間限定の公開ということで、ファンがこの期間に映画館に殺到することは間違いなさそうです。

 

内容はというと、6月から11月までの47都道府県ツアーに密着したものとなっているとのこと。

 

どうやら見に行くしかなさそうです。

 

金ちゃんのおすすめ3曲

私もマイファスにはいつもお世話になっているので、数々の楽曲の中から私のお気に入りを3曲ご紹介いたします。

「Drive me」という曲ですが、リズム、歌詞ともにカッコいいのは間違いないのですが、1サビが終わった直後のピアノや、最後の曲の終わり方がとっても気に入っています。

 

こちらは「The Puzzle」という曲。ラストサビ前の情緒あふれる歌い方が好きです。

 

最後に「One Light」でマイファスには少ないバラードチックな一曲。どうやらニセコイという漫画とコラボしたらしいです。

 

マイファスの中ではあまりメジャーではないものばかりだったかもしれませんが、胸を張っておススメできるものを厳選しました。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。