桐生祥秀の初9秒台(9秒98)の動画がこれ!【日本学生対校選手権決勝】

みなさん、どうもこんにちは!

坂道グループを愛してやまない金ちゃんです。

とうとう多くの国民が待ちに待ったときが訪れました。

なんと、我らが桐生祥秀選手が日本人として初めて100mを9秒台で走ってしまったんですね。

いや~、これには金ちゃんもヤフーニュースの速報を見てテンションが上がってしまいましたね。

そんなわけで、そんなテンションが挙がっている状態でこの記事を書いているわけですが、9秒台をたたき出した走りがどんなもんなのか気になりますよね。

ってなわけで、今回はそんな桐生祥秀選手の走りを確認していくことにしましょう。

それでは、スタートです!

スポンサーリンク

9秒台を出した桐生祥秀の走りがこれ!

今回の大会は日本学生対校選手権って大会だったんですが、9秒台を出したのがその決勝でのレースのこと。

そのタイムは9秒98!!!!!

それでは、そんな日本人として記念すべき走りをご覧ください!

圧巻です!

いや~、いったいどれほどの方がこの瞬間を心待ちにしていたのか!

なんでも、この日の予選では、追い風4.7メートルの参考記録ながら、10秒18ということで、かなりいい状態で臨めた決勝とのこと。

ここ最近は記録という面ではいまいち元気がなかっただけに非常に金ちゃんも嬉しく思っています。

世界陸上も400mリレーで銅メダルこそ獲得しましたが、100mには出られませんでしたからね。

そして、多田選手のブレイクなど、その悔しさは本人も間違いなくあったと思いますし。

いずれ、近頃そんな流れの中での9秒台、本当に素晴らしいですね!

スポンサーリンク

もうちょっと述べさせていただくとすると、これは日本人の金ちゃんとしても非常に嬉しいことなのです。

というのも、、こんなん言ったら批判されるでしょうが、桐生選手って純日本の方じゃないですか。

これがケンブリッジ飛鳥選手や、サニブラウン・ハキーム選手だったらまた違ったと思うんですよ。

特にサニブラウン選手については、先日の世界陸上で200mの決勝に残ったり、100mを10秒05のタイムで走るなど、成長著しいことは多くの方の知るところ。

もしも彼らが初の9秒台を出したらどうでしょうか?

もちろん金ちゃんも彼らを祝福しますよ。

でも、「日本人が初の9秒台」という言葉に素直に喜べない方がどれほどいることでしょうか。

そういった意味でも桐生選手の9秒台を望んでいる方は多かったように思います。

金ちゃんはその一人です。

まあ、考えは人それぞれだとは思いますが、金ちゃんとしては、桐生選手が初の9秒台を出してくれたのが本当に嬉しい!この一言なのであります。

桐生選手、本当におめでとうございます!!!!!!!!

これを機に、どんどん9秒台を出してくれる選手が出てくれることを期待したいですね。

その結果、東京五輪の400mリレーなんかで金を取るなんて夢が見られるかもしれません。