欅坂46の6thシングルのセンターは誰?平手の次期候補を予想!

皆さん、どうもこんにちは!

坂道グループを愛してやまない金ちゃんです。

AKB48からすぐさま乃木坂に乗り換え、欅坂にも注目し続けてきましたが、あっという間に5thシングルまできました。

 

欅坂46は乃木坂46でも不可能だったデビュー作オリコン1位を果たしてから飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を獲得していきましたよね。

これまでのアイドルとは一線を画した「笑わない」パフォーマンスや、若者に訴えかけるような歌詞で1stシングルのサイレントマジョリティーはかなり世間でも話題になりました。

やはり欅坂というグループにおける秋元康氏の演出もさることながら、現センター平手友梨奈さんの存在は非常に大きいものがありました。

 

ただ、そんなセンター平手の時代もいつかは終わりが来ます。

そして、その時期こそが6thシングルではないのか?ということでファンの間ではささやかれているんですよね。

そんなわけで、今回は6thシングルでのセンターが誰になるのかを予想していくとともに、今後の欅坂の方向性を金ちゃんなりに考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

6thシングルでセンターが変わると言われるのはなぜ?

欅坂46(かんじけやき)の全メンバーがフロントに

金ちゃんが欅坂のシングルの選抜発表に違和感を感じ始めたのが3rdシングルであり、このタイミングで同じ感情を抱いていた方も多いのではないでしょうか。

やはり3rdシングル『二人セゾン』でのフロントメンバーは衝撃的でした。

それまで3列目しか経験したことがないメンバーを4人もフロントに起用したのだから。

 

そして、4thシングルの選抜発表で確信に変わりましたね。

これは5thで確実にまだフロントを経験したことがないメンバーをフロントに起用するはずだと。

案の定、5thシングルをもってメンバーメンバー全員がフロントを経験するということになりました。

 

ちなみにこれまでの各シングルのフォーメーションは以下の通りです。

出典元:stat.ameba.jp

出典元:extrending.com

出典元:toriizaka46.jp

出典元:livedoor.blogimg.jp

出典元:i1.wp.com

これまでフロントがシングル毎に入れ替わるのが欅坂46の特徴ではありましたが、6thシングル以降は本当の意味で実力がポジションに反映されることは間違いないでしょう。

そして、センターをいじってみるならばこのタイミングなのではないか?と思いますし、欅坂46をより強くするという意味でも他のメンバーがセンターをやるべきであるように感じます。

 

乃木坂46は6thシングルで生駒時代が終了

先ほどは欅坂46内部での理由でしたが、やはり姉妹グループである乃木坂46もセンター交代が囁かれる理由の一つに挙げられます。

というのも、1st~5thまでは生駒里奈さんがセンターを務めていましたが、6thシングルの『ガールズルール』で白石麻衣さんがセンターを務めたということがあります。

特に7thで2期生の堀未央奈さんをセンターに抜擢したのは大変な驚きでしたね。

 

今ではWセンターということもしばしばで、6th以降は誰がセンターに抜擢されるのかを楽しみに待てるようになりました。

センター固定もイメージの定着という点で見ればもちろん大事ですけど、毎回お決まりのセンターだとつまららないという方も多いはずですしね。

 

平手友梨奈の次期センター候補は誰?

ここでは、現センターの平手友梨奈さんに変わるセンター候補を挙げてみることにします。

乃木坂46がWセンター制をとっていることもあるので、単独センターの場合、Wセンターの場合に分けて考えてみることにします。

 

単独センターの場合

ここでは個人的に可能性が高いと思われるメンバーを5名選んでみました。

 

まず1人目に挙げたいのが、長濱ねるさんです。

出典元:48pedia.org

漢字欅のメンバーで唯一遅れて加入した彼女。

その境遇やけやき坂46(ひらがなけやき)との兼任で他の漢字欅のメンバーよりも目立つ機会が多く、5thシングルから漢字に専任ということが決定しています。

欅坂46イチの才女ということもあり、クイズ番組では複数で爪痕を残していますね。

個人的に最も次期センターの可能性が高いと思っています。

 

 

続いて2人目の候補に挙げたいのが渡邉理佐さんです。

出典元:keyakizaka46.com

彼女は欅のメンバーの中でもいち早く『non-no』の専属モデルとしてモデルデビューを果たしました。

美形のメンバーが整っている欅の中でもとりわけ目を引くような存在だったわけですね。

そして思い出してほしいのが乃木坂46の6thシングルのセンターの白石さんの存在です。

彼女もまた乃木坂で最も早くモデルデビューを果たしたメンバーであり、そういった部分での共通点があります。

ルックス、スタイルで勝負できるメンバーを次期センターにするならば渡邉理佐さんではないでしょうか。

 

 

続いて3人目の候補は鈴本美愉さんです。

出典元:48pedia.org

彼女の魅力は何と言ってもキレのあるダンスで、その本領はステージのでこそ発揮されるといってもいいでしょう。

やはりその活躍が評価されてか、フロントメンバーの入れ替わりが多い中で5thシングルまでに3回のフロント経験があります。

パフォーマンスで魅せるとするならばこの人!と言えるのではないでしょうか。

彼女もまた次期センターになる可能性が高いメンバーの1人でしょうね。

 

 

続いて4人目に挙げたいのが今泉佑唯さん。

出典元:aikru.com

体調不良でドクターストップがかかり約4か月半も活動を休止していましたが、2017年8月に復帰。

改めて彼女の存在の大きさをファンの方は思い知ったことでしょう。

一見すると平手友梨奈さんがダントツの人気かのように思われますが、歌唱力やパフォーマンス、握手会対応等を総合すると、その人気はNo.1とも言われています。

特に、ミュージックステーションのスタッフによる現場の実人気は最も高いとも言われているんですね。

体調を崩したという懸念さえなければダントツの次期センターと言えたでしょうが、後にセンターになる可能性はかなり高いでしょう。

 

 

最後に5人目に挙げたいのが、ひらがなけやきの加藤史帆さんです。

出典元:keyakizaka46.com

金ちゃんは6thシングル以降、けやき坂46からも選抜するのではないかと考えています。

そうなった場合、サプライズでセンターに抜擢されるとしたら彼女ではないでしょうか。

オーディション時から圧倒的な人気ゆえに「SHOWROOM」であまりにも課金アイテムが投入されたため、根も葉もないバッシングがあったほどです。

彼女のセンター起用があるならば、けやき坂46全体の人気も高まり、グループ全体の人気が底上げされることは間違いないでしょう。

 

Wセンターの場合

続いて、Wセンターの場合を考えていきます。

やはり平手友梨奈の次のセンターというのはあまりにも負担が大きいように感じますね。

乃木坂46がWセンター制を既に行っていること、次期センターの負担を最小限に抑えることを考えれば、可能性としてはあり得る話ではあります。

 

ってなわけで、Wセンターならば?という視点でここからは予想していきます。

 

まずは1組目に挙げたいのが今泉佑唯さんと小林由依さんから成るユニット「ゆいちゃんず」です。

出典元:top.tsite.jp

歌唱力に定評があり、ともにギターが弾けるという2人。

代表曲である『渋谷川』をはじめ、すでに4曲がこのユニットから生まれています。

ファンからの人気もかなり高く、2人組をセンターにするならばこの2人でしょう。

ちなみに、単独センターで小林由依さんの名前を挙げるかどうか迷ったくらいなので、金ちゃんの中でのWセンター候補としてはこの2人がダントツですね。

 

次に2組目として挙げたいのが、渡邉理佐さんと渡辺梨加さんの「Wワタナベ」です。

出典元:extrending.com

ルックス、スタイル共に頭一つ抜けている感のある2人ですね。

ただ、ビジュアルは申し分ないものの、ぺーちゃん(渡辺梨加)のダンスとトークが心配なところではあります。

6thでは可能性は低いでしょうが、いずれWセンターを務める可能性があるかも…といったお二人ですね。

スポンサーリンク

そもそもセンターを変える必要はあるのか…?

ここまでセンターが変わることを前提に話をしてきた感がありますが、そもそもセンターが6thのタイミングで変わる必要性はあるのでしょうか?

 

売り上げは右肩上がりの現状

欅坂46の快進撃は『サイレントマジョリティー』に始まりましたが、その売り上げは右肩上がりなんですよね。

ここでちょっとその売り上げ枚数を確認してみましょう。

 

・サイレントマジョリティー
初動…261,580枚 累計…430,264枚

・世界には愛しかない
初動…323,066枚 累計…436,661枚

・二人セゾン
初動…442,322枚 累計…606,235枚

・不協和音
初動…632,667枚 累計…800,527枚

 

このように、売り上げの伸びがハンパではありません。

ミリオンを達成するのも時間の問題というレベルです。

 

そして、ここでちょっと確認しておきたいのが、乃木坂46の1~5枚目の売り上げです。

・ぐるぐるカーテン
初動…136,309枚 累計…214,373枚

・おいでシャンプー
初動…155,677枚 累計…225,383枚

・走れBicycle
初動…186,613枚 累計…245,069枚

・制服のマネキン
初動…232,961枚 累計…313,152枚

・君の名は希望
初動…242,053枚 累計…319,421枚

 

欅坂46と比較するとかなり横ばいの状態であったことが分かります。

この状況を打破するための白石麻衣さんへのセンター交代であったことがうかがえますが、欅坂46にはこれは当てはまりません。

平手友梨奈で行けるとこまで行っちゃえYO!

売り上げのデータだけを見るとそう言わずにはいられない方も多いことでしょう。

 

新センターにのしかかるプレッシャー

やはりここまで結果を出し続けている不動のセンター平手友梨奈さん。

彼女の代わりを務められる実力を備えているメンバーは現時点ではいないと思います。

実際、平手さんに代わってセンターのポジションに入ることへのプレッシャーは計り知れないでしょう。

 

それこそメンバー全員がフロントを経験しているわけですが、その重圧の比ではないでしょうね。

CDの売り上げへの影響や、自分への風当たりなど、その恐怖たるや想像するのも恐ろしいことと思います。

最悪の場合、休業を余儀なくされる事態にもなりかねないと考えています。

スポンサーリンク

最後に

今回は欅坂46の6thのセンターは誰になるのか?ということで考えていきましたが、いかがでしたでしょうか?

単独センターとWセンターに分けて予想してみましたが、やはり単独センターのような気がしています。

ただ、抜擢されたメンバーの重圧を思うとWセンターがいいのでは…なんて思ってもしまいます。

ただ、今後の欅坂46の成長のためにはセンター交代は必ず訪れます。

とりあえず、今はただ今後の情報を待つこととしましょう。