東方神起は歌が下手?FNS歌謡祭での歌唱動画がヤバすぎる!?

皆さん、どうもこんにちは!

坂道グループを愛してやまない金ちゃんです。

 

今回は音楽ネタをちょこっと。

 

さっきまでFNS歌謡祭って人気の音楽特番を見てたんだけど、

久しぶりに東方神起とやらの歌を聴いたんすね。

 

 

そういやこの人たちって2人になってたっけ…笑

 

まあ、音楽好きではあるものの、韓国には丸興味がないから、

そんな感じの印象しか持っていない金ちゃんだけど、

ちょっと彼らの歌唱シーンにん?っとなってしまいました。

 

 

そんなわけで、今回は東方神起のFNS歌謡祭での歌唱シーンについて

あれころれ書いていこうと思ってるよ!

 

 

それでは、レッツらスタート!

スポンサーリンク

東方神起のFNS歌謡祭の歌唱を確認!

音楽好きの金ちゃんが、どうして彼らを忘れてしまってたんだろう?

 

 

今回FNS歌謡祭に出演するにあたって、

「2年ぶり待望の復活」

というテロップがTV画面に映っていたんだよね。

 

 

まさかの活動休止してたんかい!

 

そりゃ最近耳にしないわけだ。

 

 

2015年4月のミュージカルステーションの出演を最後に、

2017年11月のドームツアーまでは活動してなかったんです。

 

 

まあ、今回のFNS歌謡祭はそんな彼らの復活のお披露目

そういう意味合いがあったステージだった模様。

 

 

それでは、そんな彼らの歌唱シーンを見てみますか。

https://twitter.com/smflovehurt/status/938378063070470144

 

なるほど、これが2年ぶりのステージとやらっすね。

 

 

『どうして君を好きになってしまったんだろう?』

って曲だけど、さすがに金ちゃんも知ってたよね。

 

 

これは言わずと知れた東方神起の代表曲っすね。

 

まあ、そんなこんな、様々な思いで今回のステージで

歌われたことでしょう。

 

 

東方神起のは歌が下手なの?

まあ、今回東方神起が復活下のはいいんだけど、

金ちゃんは思ってしまった…

 

 

東方神起ってこんなに歌下手だっけ?

 

 

いや、金ちゃんの思い過ごしか?

 

自分の耳の調子が悪いのか?

 

Twitterを開いてみる。

 

やっぱり東方神起の2人の歌がヘタだと感じてしまった方は

金ちゃんだけではなかったみたい。

 

 

なんなら、東方神起にそこまで関心がない人は、

結構辛辣なことを言っているってのが目立ってました。

 

 

ただ、こんな感じで彼らを擁護する声もあったね。

 

どうやら今回は思ったようなパフォーマンスができていない、

というのがファンの方の見方みたい。

 

 

また、ドームツアーもやっているから、その疲れもあったのでは?

なんて、金ちゃんも擁護しちゃったりして。

 

 

とりあえず、東方神起の2人にもいろんな思いがあったろうし、

久々のテレビでの歌だし、ちょっと多めに見てあげましょう。

 

 

そんで、今回の歌が下手な原因として挙げらるのが、

こういうこともあったからなんだとか。

 

そうか、風邪か…

 

 

まあ、金ちゃんは2人ともよろしくなかったと思ったけどな。

 

 

とりあえず、これ以上は責め立てませんm(__)m

追記:REBOOTを初披露

ちょっとおくれたけど、新曲であるREBOOTって曲も歌ってたから、

その動画もあげておくぜ。

https://twitter.com/MAKI_tokyoJapaN/status/938398381126295552

こっちはまだ全然調子いいじゃん。笑

 

まあ、1曲目で緊張がほぐれたとか、

歌唱力がごまかせる曲調とか、

いろんな要素はあるかもだけど、

それにしても最初とは別人が歌ってるような仕上がり。

 

 

まあ、それでも本来の東方神起とは言えない

のかもしれないが…

 

そう、最初がひどすぎたから。

スポンサーリンク

まとめ

今回は『東方神起は歌が下手?FNS歌謡祭での歌唱動画がヤバすぎる!?』

ということでお送りしていきましたが、いかがでしたか?

 

 

本来の歌唱力はこんなものではない!という意見や、

ブランクがあるから仕方ないなんて意見もありましたが、

それも含めてプロだから批判も浴びて仕方ないと思ったね。

 

 

金ちゃんとしては、テレビで恥ずかしくないくらいの状態に

仕上げてからテレビでは姿を見せてほしかったな。

 

 

とりあえず、今後は名誉挽回という意味でも、

本来の歌唱力で多くの人を見返して頂きたいっすね。