こなん(Youtuber)はゆうすけと離婚してた!?理由や原因は何?

2016年の12月にチャンネルを開設し、2018年3月時点で約26,000人のチャンネル登録者がいる、Youtuberのこなんさん。

 

 

金ちゃんもたまに見ている楠ろあさんの動画に出てきているから気になってはいたんだよね。

 

今回はそんなユーチューバーのこなんさんにフォーカスしてお送りしていくよ〜

 

 

そうそう、ちょっとこなんさんを調べていると、まさかの結婚、離婚をしている過去もあったから、その辺についても楽しみにしててな。

 

そいじゃ、レッツらスタート!

スポンサーリンク

こなんの簡単プロフィール

そんじゃ、まずはこなんさんのプロフィールがなんとなくわかる動画がこれ!

 

そんじゃ、本当に簡単なところだけ紹介。

誕生日:6月10日

年齢:21歳

身長:158.6cm

 

ってか上の動画で思ったのが、かすちゃんこんなに可愛かったっけ?笑

 

 

こなんとゆうすけが離婚していた!?

さてさて、冒頭でもちらっと話したんだけど、以外にもこなんさん、離婚してましたm(._.)m

 

そもそも旦那いたんかい!ってとこなんだけど、まあ、既存のチャンネル登録以前の話だから、知らない人も多いかも。

 

そんじゃ、ここからは順を追って書いていくよ〜

 

 

あさこなカップルが結婚

まずは、あさこなカップルって何?ってところから。

 

 

もともとこなんさんはYoutubeではなくミックスチャンネルで人気があったんだよね。

 

そして一人ではなく、ゆうすけさんという方と二人で「あさこな」って名前でラブラブなカップルということで知られていやした。

 

 

当時はそのラブラブぶりに憧れを抱いているファンが多く、2016年6月11日にめでたくゴールインすることになったんだよね。

 

この当時は本当に周りからも祝服されていて、幸せだったみたい。

 

ファンも大喜びなのであります。

 

 

 

あさこなが離婚した理由は?

ところが、1年もせずに2017年の5月に離婚してしまったんだよな〜

 

その原因は主にこなんさんにあるっぽい。

 

 

あさこなとしてめでたくVAZに所属してからというもの、他の男性とよく絡むようになり、その人間関係にゆうすけさんがかなり不満を持ったみたい。

 

それがきっかけで離婚に至ったとのこと。

 

これにはファンもかなりびっくりしたみたいだね。

 

 

 

こなんはアンチが多い?

さっきの離婚の原因やその後の行動によって、けっこう彼女に幻滅した方が多いみたい。

 

 

離婚しているのにあさこなのアカウントで稼いだフォロワーをつなぐためにそのまま使用したり、

 

いくら世間一般的には正論でも、こなんさんが気にくわないと無視やブロックをして、その上で新規ファンに媚を売るスタイルを確立。

 

 

それにしてももともとファンだった人の声を聞き入れないで、むしろアンチ呼ばわりするのはだいぶヤバイ。

 

 

現時点では、新規ファンでこなんさんの過去を知らない方には好かれ、以前のことを知っている人には嫌われるって感じかな。

 

 

いずれ、圧倒的にアンチの方が正論だし、これからもうちょいこなんさん自身が大人にならないとYoutuberを続けてもあんまり明るい未来はなさそう。

スポンサーリンク

楠ろあとのチャンネル開設!

もともと金ちゃんも好きで見ている楠ろあさんのチャンネルにちょいちょい出ていたこなんさんだけど、なんと二人のチャンネルができてました!

 

ろあさんらファンからは、かすちゃんがよかった!って声も多いけど、二人でやると決めた以上、チャンネルを盛り上げて欲しいっすね。

 

 

ろあさんファンの圧倒的な数により、サブチャンネルながら、こなんさんの本チャンネルよりも登録者が増えるのは時間の問題のようですm(._.)m

 

とりあえず金ちゃんはろあさんに注目してサブチャンネルを見るよ!笑

スポンサーリンク

最後に

今回は「こなん(Youtuber)はゆうすけと離婚してた!?理由や原因は何?

 

ってことでお送りしてきたけど、どうだったかな?

 

 

めずらしく金ちゃんが批判的なことを書いてしまったけど、これまでの言動をあさってみると、それほどう〜ん、と思ってしまうような方だったね。

 

 

ただ、動画として悪いものもないし、見ていて可愛いし、憧れている女性も少なくないだろうから、ぜひもっと人間的にも成長してもらって、より多くの人を楽しませられるようなYoutuberになって欲しいっすね!

 

そんじゃ、最後まで読んでくれて、サンキューな!

スポンサーリンク