水上剣星の演技が下手すぎ?本名やタトゥーが本当かも調べてみた!

[pc]2017年2月1日放送の「犯罪科学分析室 電子の標的3」に光本雅史役として水上剣星さんが出演します。

 

ちょっとこの方を調べていたら、「演技が下手」とか「タトゥー」といったものが気になりました。

 

それと、本名も分かったので、今回は水上さんについて掘り下げていきますね。

スポンサーリンク

水上剣星は演技下手?

もしもこのことが事実であるならば、水上さんにとって不本意であることは間違いないでしょう。

 

ただ、これまでにそのような世間の声があったのは確かなんです。

 

そもそもなぜ下手と言われるのかというと、「セリフを棒読みしている感じに聞こえる」という理由からです。

 

この意見が聞こえ始めたのは、ドラマ「GOLD」のあたりから。

 

水上さんは主演の天海さん演じる早乙女悠里の兄の修一役として出演したものの、その役どころから『棒兄さん』と世間の一部の人に命名されてしまいました。

 

続く出演ドラマの「ギルティ悪魔と契約した女」ではバーテンダー役であったことから『棒テンダー』と呼ばれるように。

 

さらに続いて「デカワンコ」というドラマでは刑事役だったことによって、『棒刑事』と命名。

 

このように立て続けに不名誉な呼び名を勝手につけられていったのであります。

 

ただ、これらのドラマから約2年後の2012年ころから棒読みに関する批判はなくなっていき、最近は以前よりも水上さんの演技に対する風当たりが弱くなってきています。

 

このことは以前よりも着実に演技力が向上していることを意味するものと思います。

 

また、『棒〇〇』と呼ばれていたころは、本当に俳優歴が短かったこともあり、ある意味「仕方がない」部分だったのかもしれませんね。

 

その部分を差し引いても、コンスタントにドラマに出演するだけの魅力が水上さんにはあったということなのでしょう。

 

スポンサーリンク

本名は?

どうやら「田上淳」というのが本名だという情報が有力のようです。

 

ただ、公表されているわけではないので、確証はありません。

 

どういう思いで今の芸名にしたのかは定かではありませんが、「剣星」というのは字面的にもカッコいいし、インパクトがあっていいですよね。

 

芸名にしていると、病院等プライベートで目立ちたくない部分でかなり役立ちそうです。

 

タトゥーは本物?

どうやら、すべてフェイクだとのこと。

 

書いたものなのか、シールなのかは定かではありませんが、これにはホッとしているファンの方もいらっしゃったのではないでしょうか。

 

なんせ、腕にびっしりタトゥーが施された画像が出回りましたからね。

 

もちろんタトゥーがをしていてもカッコいいのですが、やはり俳優という役柄を考えると、やりたくてもできないといったところでしょう。

 

まとめ

今回をまとめると…

・以前は演技力に疑問があったが、現在までに間違いなく向上している。

・本名は「田上淳」が有力。

・タトゥーがは偽物だった。

といったところですかね。

 

ここまで触れてはこなかったのですが、奥さんの野波麻帆さんの存在もこれまでの活躍に少なからず影響していることでしょうね。

 

水上さんの演技への批判が少なくなってきたのがちょうど結婚したあたりからですし。

 

今後も水上さんの活躍に期待していきます。

スポンサーリンク