昆夏美が『美女と野獣』のベル役に!山崎育三郎が野獣で吹替版!

『美女と野獣』の映画の実写化が決まり、その吹替版キャストが決まりました。

 

エマワトソンさん演じるベル役は昆夏美さん、野獣役として山崎育三郎さんが抜擢されました。

 

ちょっと個人的に昆さんを知らなかったので、吹替版キャストを確認しつつ、今回は彼女に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

実写版キャスト

ベル…昆夏美

野獣…山崎育三郎

ポット夫人…岩崎宏美

モーリス…村井國夫

ガストン…吉原光夫

ル・フウ…藤井隆

ルミエール…成河

コグスワース…小倉久寛

マダム・ド・ガルドローブ…濱田めぐみ

プリュメット…島田歌穂

チップ…池田優斗

そもそも昆夏美って誰?

昆夏美さんは、現在25歳の女優さんで、主に舞台やミュージカルなどで活躍されています。

 

高校では洗足学園高等学校、大学では洗足学園音楽大学音楽部ミュージカルコースと、ミュージカル女優への道をひた走ってきた女優さんなんです。

 

大学卒業後はなんでも在学中にオーディションに合格したとのことで、すぐにプロデビューしてしまいました。

 

しかもその役は『ロミオとジュリエット』のジュリエット。

 

その後は『ハムレット』や『レ・ミゼラブル』などの有名どころを続けて演じていたりと、かなり注目されています。

 

また、2012年には一度『Wの悲劇』でテレビドラマデビューもしています。

 

ただ、昆さん自身は「生で演じられる」舞台のほうが好きなんだそうです。

 

スポンサーリンク

昆夏美は歌が上手い!

実は昆さん、ミュージカル界では歌唱力がかなり評価されていて、なんと歌手としてCDデビューを果たしています。

 

それでは私がいくつか聴いてみて、一番気に入った作品をどうぞ。

こちらは「虹のかけら」というサードシングル曲で、アニメの『一週間フレンズ』のOPテーマになりました。

 

クセのない透き通った歌声をされていますね。

 

個人的にはかなり聴き心地がいい声をしています。

 

昆さんは「ミュージカル界の新世代の歌姫」と言われているそうですが、それも納得できる歌唱力ですよね。

まとめ

今回は昆夏美さんに注目してきましたが、今日まで存じ上げておらず、大変申し訳ございませんでした。

 

彼女はルックスやスタイルもかなりいいので、これからどんどん人気が出てくるのではないでしょうか。

 

かなりマルチに活躍できる方なので、多方面で活躍していってほしいですね。

 

スポンサーリンク