トーキョーエイリアンブラザーズの原作漫画とドラマの違いは?

 

2018年7月スタートの月曜深夜ドラマ『トーキョーエイリアンブラザーズ』。

 

ちょっとタイトル的に興味が出てきたのでちょちょっと原作の漫画を買って読んでみましたが、まあ先の展開が気になってサクサク読めてしまいました!

 

 

ってか、あのシーンってドラマでは一体どうするつもりなんだ…?

 

って箇所がところどころあって、そういった意味でも非常に楽しんで読むことができましたね。

 

 

ここでは、ドラマ『トーキョーエイリアンブラザーズ』が原作の漫画とどのように違ってくるのかを予想し、ドラマが始まったら実際に違いを明記していきます!

 

やっぱり原作を読むと、ドラマに対して色々期待してしまいますね!

 

↓『トーキョーエイリアンブラザーズ』を無料で読む!

 

 

冬ノ介が〇〇を飲むシーン

 

まずは原作を読んで最初にドラマでは?って感じるシーンは間違いなく誰もが共通してあれを思い浮かべるでしょう。

 

それは、冬ノ介が大学の部活の友達と遊んでいる時に、偶然出会った女性の尿を飲むシーンであります。

 

相手の女性は用を足している最中のものを相手に飲ませるのが趣味のようで、これを冬ノ介は躊躇なく飲むんですよね。笑

 

まあ、人間を知ろうとしていて、尿の味もよくわからないような冬ノ介だからこそってシーンなのですが…

 

それでもかなりの衝撃を受けたシーンではありました。

 

 

さて、このシーンをドラマではどうするのか問題ですが、現実的に考えて再現することは難しいように思います

 

ただ、そもそものドラマの設定でエイリアンの感じとか相当CGやら加工を入れるはずですし、深夜枠ということもあり、モザイク処理やらめちゃくちゃ頑張って実現する可能性もゼロではないと思ってるところ。

 

ジャイアン
のび太、てめーまさか期待してるんじゃないだろうな!

 

のび太
ま、まさか…

 

しずかちゃん
のび太さんの変態!

 

↓冬ノ介と女性の例の問題のシーンを今すぐに見る!

 

夏太郎がドロドロに溶けるシーン

 

冬ノ介と夏太郎は一定量の塩を浴びると、その部分が溶けてしまう性質を持っています。

 

原作の中ではそんなシーンがところどころで出てくるんですが、その中でも夏太郎の顔や腕がドロドロになるまで溶けてしまったシーンがあるんですよね。

 

 

ちなみにそのシーンは、夏太郎が働いている駄菓子屋で、むぎ茶だと思って飲んだら麺つゆだったってところ。

 

しずかちゃん
慌てて店から逃げる夏太郎は可愛かった♡ 

 

夏太郎のこのシーン以外の溶ける部分はCGでまあちょこちょこって感じだと思いますが、このシーンに関してはそのドロドロ具合がかなりのものですし、この役を演じる戸塚さんがどのように変化していくのかが非常に気になるところであります。

 

 

個人的にドラマ内でどのように描かれるのかかなり楽しみなシーンの1つですね!

 

金ちゃんはこのシーンはCGなりでなんとかなったものをドラマで見ることができると思っています!

 

↓『トーキョーエイリアンブラザーズ』を無料で読む!

 

例の問題のシーンでの世間の反応は?

 

金ちゃんもそうですが、やはり世間の方が『トーキョーエイリアンブラザーズ』がドラマ化されるにあたって注目しているのが例の女性の尿を冬ノ介が浴びるシーン。

 

このシーンについてはかなり世間でもざわついていたんで、その中のいくつかをピックアップしてご紹介!

 

 

やはりドラマ化されるって考えると、相当ヤバいシーンではありますよね。

 

果たしてどのように対処されるのか、本当に楽しみなところ!

 

 

最後に

 

今回は「トーキョーエイリアンブラザーズの原作漫画とドラマの違いは?

 

ってことでお送りしてきましたが、どうでしたか?

 

 

最初の例の問題になっているシーンを含め、ドラマではどのように描かれるのかが非常に楽しみですよね?

 

金ちゃんは『トーキョーエイリアンブラザーズ』を最後まで追いかけていきますので、原作とドラマの違いを発見していきましたら、ここで1話ごとに追記していきます。

 

ですので、ぜひぜひその違いを確認しにまた見にきてくださいね!

 

 

ただ、自分でその違いを探した方が絶対に面白いことは間違い無いので、ドラマとあわせて原作も読んで見ることをオススメします!

 

ぜひ、ドラマも原作も楽しんでいきましょうね!