グッド・ドクターの原作は韓国!?ストーリーの違いを徹底解説!

 

7月13日よりスタートしております、木曜ドラマ『グッド・ドクター」。

 

 

原作がかなりの評判だったため、原作ファンからは主演を務める山崎賢人さんの演技が心配されていましたが、見事にその心配は吹き飛ばしてくれましたね!

 

金ちゃんもこれまで彼の作品はいくつか見てきましたが、まさかここまで演技が上手だとは思っていませんでした。

 

 

さてさて、今シーズンの中でもなかなか注目されるであろう『グッド・ドクター』ですが、原作は韓国のドラマなんですよね。

 

実は金ちゃんはこのドラマが韓国で話題になっているということを知っていたので、一足先に原作を見ていたんです。

 

 

そして、日本版を見たら、いろんなシーンが韓国の原作とは違うな〜なんてことがけっこうあったので、ここではその点についてまとめていこうと思っている訳であります!

 

1話から最終話まで金ちゃんが気になった違いを解説していくので、ぜひ楽しんで見ていってくださいね!

 

 

ただ、この記事の金ちゃんの言葉で違いの説明を見るよりも、原作と日本版を見比べた方がはるかに面白いはずなので、ちょっとでも気になる方は絶対に原作をご自身の目で確認した方がいいですよ!

 

↓韓国で人気の原作ドラマ『グッド・ドクター』を無料で見る!

 

 

第1話での原作との違いは?

子供を助けるシーン

まずは第1話での最初の見どころ、湊が病院へ向かう途中で子供を助けるシーンです。

 

工事現場で子供が下敷きになって、腹部にガラスが刺さるという点は原作に忠実に再現されていましたね。

 

 

金ちゃんがここで気になった違いは、山崎賢人さんが応急処置のための代替品を思いつくにあたって、過去の事例を口に出していたということ。

 

ここはけっこう新鮮でしたし、原作とは違った形で記憶力を示せていたように思います。

 

 

そして、このシーンでの最大の違いは、輸液を注入するところまで処置を行ったかどうかという点です。

 

 

原作でも日本版でもカッターやストロー等の身近なもので肺から空気を抜くための装置を作りましたが、日本版はここで処置が終了、原作ではこの後にもう少し処置が続けられました。

 

 

原作では輸液の必要があるとのことで、急いで輸液セットなるものを用いて内頸静脈から輸液を注入し、完璧な処置を行ってしまったんですよね。

 

 

日本版を見た金ちゃんは、処置ってこれだけ?って印象を受けましたね。

 

このシーンは原作の方がより緊迫したものになっているように感じました。

 

 

湊が処置した子供を手術するシーン

 

このシーンで気になったのが、湊がエコーが必要であるという必死の訴えを日本版では藤木直人さん演じる高山が聞いていなかったという点です。

 

 

日本版では湊の訴えを聞いたのは上野樹里さん演じる瀬戸夏美だけであり、手術中にエコーが必要だということを高山自身が気づき、瀬戸は「あの人あってたんだ…」みたいな感じになっていました。

 

 

ただ、原作では高山にあたる人物もエコーが必要だという訴えの声を聞いていましたが、手術中にエコーが必要だという声を聞いたのを思い出してその後の処置を行いました。

 

 

手術中にも原作では湊にあたるパクはまるで一緒に手術をしているかのような仕草を2時間も続けおり、かなり緊迫したシーンでした。

 

ここでは日本版の方はかなりサクッと手術を終えてしまったような印象でしたね。

 

 

湊を会議で受け入れるまでの流れ

 

ここで一度、日本版でのをレジデントとして受け入れるまでの流れを確認してみましょう。

 

会議に湊が来ないと思い、解散しているところに湊が現れ、バッグを忘れたとしてその場を去る

その直後に湊が応急処置した動画が会議室で流される

その場で湊の採用が決定

 

このように、かなり短時間で湊の採用が決まりましたが、原作ではそうはいきませんでした。

 

 

原作の流れは以下の通りです。

 

シオン(湊にあたる)が会議に現れない中、シオンの不採用が決定

会議は終わり、しばらくするとシオンの応急処置の動画が話題になっていることが判明

再度会議が開かれ、院長の進退をかけた訴えとシオンが小児外科医としての抱負を述べたことによって、臨時採用が決定

 

 

このシーンでの決定的な違いは、感動的なものになっているかどうかだと感じました。

 

日本版はウルウルするようなポイントはなかったのですが、原作でのシオンの小児外科医に対する思いを述べるところは金ちゃんは思わず泣いてしまいましたね。

 

 

個人的に原作の泣けるシーンの5つの指に入るものになりました!

 

まさか1話から泣かされるとは…

 

 

まさきくんの手術からその後まで

 

日本版の1話は特にまさきくんのシーンに重きがおかれていました。

 

まさきくんはウルトラマンが好きでしたが、原作ではチョウが好きでした。

 

 

さて、肝心なのはここから。

 

 

まさきくんの容態が悪くなったのは高山ら小児外科医が別のしゅつ術をすでにスタートさせているところで、湊がオペ室に運んでから初めてその状況を高山らが確認しました。

 

しかし、原作では手術を始める前に容態が良くないということを把握している状況で別の手術に取り掛かったんですよね。

 

 

どちらも科長の不在はセミナーという名目での接待ゴルフでしたが、結局は高山(原作では高山にあたるドハン)が2人同時に手術することになりました。

 

そして、湊が手術室から追い出されたのは同じなのですが、日本版では手術を見ることすらできず、一方の原作はまたもや手術成功のための一言を発するのでありました。

 

 

日本版では術後のまさきくんとお母さんのケアにかなりフォーカスされていましたが、ここは完全に日本のオリジナルですね。

 

原作ではこの親子よりも、子供に禁止薬物が使用されていたということ方にフォーカスされていましたので、術後の展開は大きな違いと言えるでしょう。

 

 

『グッド・ドクター』をより楽しむには?

『グッド・ドクター』の原作を見るならFOD!

 

韓国で同時間帯でダントツ1位の視聴率を誇っており、最高視聴率も21.5%とかなりの数字を獲得している『グッド・ドクター』の原作。

 

このドラマをお得に見るのであれば、FODがオススメです!

 

 

『グッド・ドクター』の原作は1話あたり64分の全20話でなかなかのボリュームですが、FODの1ヶ月間の無料登録をすると、それらが全て見放題できるんですよね。

 

そしてやはりオススメしたいのが、日本版も原作も合わせて見ることができるというメリットがあることです!

 

 

あれ、今のドラマと原作、どこが違うんだろう…

 

そう思った時なんかはどちらも見ることができるので、絶大な効果を発揮してくれることでしょう。

 

 

↓韓国で人気の原作ドラマ『グッド・ドクター』を無料で見る!

 

 

韓国ドラマ好きのあなたにはU-NEXTもオススメ!

 

先ほどはFODを紹介しましたが、あなたが韓国ドラマ好きであるならばU-NEXTもオススメです。

 

というのも、U-NEXTは数ある動画配信サービスの中で、韓国ドラマに圧倒的に強いからです。

 

 

例えば、最高視聴率41.6%を記録した『太陽の末裔』や、放送前から話題となり最高視聴率33.2%をかっさらった『星から来たあなた』も見放題で利用することができます。

 

ほかにも、以下のような人気ドラマをU-NEXTでは見ることができるんですよね。

・伝説の魔女
・W -君と僕の世界-
・恋はチーズ・イン・ザ・トラップ
・大丈夫、愛だ
・君の声が聞こえる

 

ここまでほんの一部を紹介しましたが、「あの韓国ドラマみたい!」と思ったら、その多くをU-NEXTなら叶えてくれるはずです。

 

↓今すぐにU-NEXTで無料で『グッド・ドクター』の原作を見る!

 

 

最後に

 

今回は「グッド・ドクターの原作は韓国!?ストーリーの違いを徹底解説!

 

ってことでお送りしてきましたが、いかがでしたか?

 

 

思った以上に原作との違いが見てとれますし、山崎賢人さんの演技はいいしで、原作ファンも楽しめるものになっているように感じてます。

 

次回以降も原作とどのような違いが生じているのか、確認していきますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね!

 

 

そして、ぜひ原作と日本版の違いを比べながらドラマを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

金ちゃんがここで紹介した以外にもけっこう細かい違いもあったりするので、相当楽しめると思いますよ!

 

ちなみに金ちゃんのオススメは原作も日本版も見れるFODですm(._.)m

 

 

グッド・ドクターの関連記事あります!

グッド・ドクターの原作のあらすじやネタバレ!世間の反応は?

グッド・ドクターの原作と日本版の違いをキャスト重視で紹介!

グッド・ドクターの最終回をネタバレ!結末は原作と違うの?

グッド・ドクターの山崎賢人の評判は?演技力がヤバすぎ!?