Ko-sei(kousei)のwikiや本名や性格は?おすすめの曲を紹介!

関ジャムという番組で紹介されていた盲目シンガーソングライターのKo-seiさん。

 

「えっ!?本当に見えていないの?」

 

思わずそう思ってしまうほどのピアノの音色。

 

辻井伸行さんというピアニストも目が見えないことで有名ですが、金ちゃんは歌も披露している方を目にしたのはKo-seiさんが初めてです。

出典元:officeone

ちょっとどんな方か気になったので、ここでまとめていこうと思いますね(=゚ω゚)ノ

 

金ちゃんの中でのおすすめの曲も紹介していきますよ!(^^)!

 

スポンサーリンク

Ko-seiのプロフィール

出典元:未確認フェスティバルSTAFF BLOG

名前:Ko-sei

生年月日:2003年1月・14歳(2017年3月時点)

出身地:神奈川県横浜市

 

Ko-seiさんは生まれて間もなく、病気を患って盲目になってしまいました。

 

しかし、小さいころから歌を歌うこと、ピアノを弾くことが大好きだったようです。

 

なんでも、10歳からオリジナル曲を制作しているんだそう。

 

幼いころから本当に音楽が好きだったんですね。

 

Ko-seiの本名は?

出典元:未確認フェスティバルSTAFF BROG

Ko-seiさんの本名ですが、金ちゃんが死力を尽くしても情報がありませんでしたm(__)m

 

ただ、下の名前が『こうせい』っていうのは間違いないと思いますね。

 

今後、どこかで情報を見つけしだいここで更新していきます( `ー´)ノ

 

Ko-seiの経歴がすごい!

「Music Revolution 2016」中学生大会:優秀賞

未確認フェスティバル2016:ファイナリスト・審査員特別賞

 

Music Revolutionでは現在絶賛ヒット中の『たんこぶちん』が2013年に優秀賞しています。

 

また、未確認フェスティバルは初代が2015年ですが、グランプリを獲得したshout out itはその後メジャーデビューし、準グランプリのリーガルリリーもかなり注目を集めつつあります。

 

よって、今後Ko-seiさんが注目されていく可能性も大いにありそうです!

 

Ko-seiの性格は?

Ko-seiさんの性格ですが、間違いなく前向きであろうことがうかがえます。

 

この映像を見ていただけたらすぐに感じ取れることと思います!

ただ今の曲は『ナイスや』という曲でした( `ー´)ノ

 

まず、目が見えないというハンディキャップなんて感じさせないほどのピアノの腕前ですよね。

 

金ちゃんはピアノの経験がありませんが、目が見えない状態で上達するのははるかに難しいと思います。

 

それでも途中でやめることなく好きで続けているということは、前向きな性格の表れでしょう。

 

また、とっても純粋な心を持った方だということも感じました。

 

Ko-seiさんは学校性格での出来事や思ったことを歌にしているとのことですが、『ナイスや』はなんて素直な歌詞なんでしょうか。

 

きっと目が見えない分、ほかの人よりもより多くのことを耳で感じているんでしょうね(#^.^#)

 

金ちゃんのおすすめ曲

こちらは『生きる』という曲です。

先ほどの『ナイスや』を歌っていた人とはまた違った表情ですよね。

 

『ナイス』とほぼ同じ時期の曲ですが、かなり大人っぽい声で歌っていますし、なんだかちょっとジャズのような感じに聞こえなくもないです。

 

ちょっと大人な感じがすごいですが、これを歌っているのが2015年の4月って、Ko-seiさんは中学1年のになりたての時じゃないですか!?

 

これにはさすがに驚きました。

 

中学生にして曲のシーンで歌い方や表情を変化させているのが信じられませんm(__)m

 

スポンサーリンク

最後に

ここではKo-seiさんを紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

目が見えないということで注目されてしまう部分があるかもしれませんが、その事実を抜きにしても彼のアーティストとしての魅力はハンパじゃありません。

 

むしろ、目が見えないことによる独特の感性が、聴く人の心をつかむであろうことは間違いありません。

 

今回関ジャムで紹介されたことで、注目度が上がったはずです。

 

なんでもKo-seiさんの夢は日産スタジアムでライブをすることだそう。

 

金ちゃんはその日が来ることを心から願っています。

 

彼ならきっとその夢を実現させられると思います!