レペゼン地球の活動休止理由はまるの病気?逮捕や裁判の噂も!

スポンサーリンク

 

2018年にYoutubeのアカウントがBANされてからより一層人気に火がついているレペゼン地球

 

実は金ちゃんはそれまでレペゼンを食わず嫌いしている状態でしたが、垢BANをきっかけにどハマりするようになりましたm(._.)m笑

 

きっと金ちゃんと同じ状態の方も非常に多いでしょう。

 

そんな今やみんなに愛されているレペゼン地球ですが、4月2日をもって活動休止することが決まってしまいました。

 

今回はその理由を探っていこうと思っております。

DJ社長が活動休止を発表

 

2019年の4月2日のレペゼン地球の動画で、DJ社長が公式に活動を休止することを発表しました。

その動画がこちらです。

 

 

活動休止の期間は5月から夏のライブまでの間とのことで、思ったよりも期間は短いようです。

いずれ、4月中には理由をお話ししてくれるみたいですが、現時点で理由がかなり気になりますよね?

 

ここからはその理由について考察していこうと思います。

スポンサーリンク

活動休止の理由は何?

 

活動休止が考えられる事柄として、さっと思いつくだけでもいくつかありますので、世間のツイッターでの反応と合わせて確認していきましょう。

 

メンバーまるの病気

 

活動休止の背景にはメンバーの病気ではないか?という声も少なからず上がっていました。

 

 

この時点では仮にそうであったとしても誰?っていうところでしたが、その後に投稿されたとある動画によって、話が大きく進むことになります。

 

その動画がこちら。

 

 

先日レペゼンとコラボしたことでも話題になったカルマさんがメンバーのまるさんとコラボした動画ですが、なんとここでまるさんが「自律神経失調症」という診断を受けてしまいました。

 

もともと動画を撮影するにあたって予備軍的な話が出ていたので、レペゼンのメンバー内でも病院に行かせておいた方がいいという声があったのかもしれません。

 

いずれ、まるさんが自律神経失調症と診断され、その療養のためにメンバーもサポートに入るから、というのが理由の1つとしてあげられそうです。

 

実際にそんな考えの方も多かったですね。

 

 

多くのリスナーが心配していますし、まるさんにはゆっくりと治療に専念していただきたいですね。

 

スポンサーリンク

裁判沙汰

 

もう1つの理由としては、裁判沙汰が挙げられます。

実際にこんな反応をしている方がいらっしゃいました。

 

 

その根源があるとすればレペゼンのリスナーなら大好きであろう有名人遊戯王ゲームかと思います。

こんな動画です。

 

 

芸能関係者から何かないとも限らないような素敵なデッキに仕上がっていることがお分かりいただけたでしょう。

現時点では、この企画のシリーズから全く裁判沙汰がないとは言い切れないところであります。

 

ただ、活動休止の発表動画ではDJ社長の口から

「夏のツアーの前には活動再開ができるよう全力を尽くしたい」

「4月中は曲はガンガン出す、動画もできるだけ更新する」

とかなり前向きに話していることから、裁判の線はかなり薄いように思いますね。

 

さすがに自分たちが裁判にかけられるようなことをしておいて、この前向きな発言はできないはずですので。

メンバーが逮捕

 

さらに3つ目の理由としてあげるとすればメンバーの誰かが逮捕されたということですが、まずはツイッターでの反応を見てみましょう。

 

 

ただ、この説はないと思われます。

でなければエイプリルフールにメンバー全員がこんな感じの呑気なツイートはしないでしょうから。

 

 

とりあえず、メンバーの誰かが問題を起こしたということはないと思います。

 

追記

実際の活動休止理由はライブのための準備ということで報告していました!

その動画がこちらです。

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回は「レペゼン地球の活動休止理由はまるの病気?逮捕や裁判の噂も!

ということでお送りしてきましたが、いかがでしたか?

 

活動休止の真相は社長の口からお話を聞くまで明らかにはなりませんが、金ちゃんとしてはメンバーのまるさんの療養期間にあてるためだと考えています。

理由はどうあれ、まるさんの状態が心配なので、彼にはゆっくりと休んでいただきたいです。

 

いずれ、短期間の活動休止であって、もうレペゼンの活動を見られないわけではないので、その点は安心していいのではないでしょうか。

どんな形であれ、金ちゃんはレペゼンが大好きなので、これからも応援し続けます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク