ピンキーポップヘップバーンの平田の理由は?声優は平野綾!?

スポンサーリンク

 

激戦を極めるVTuber界で輝夜月さんの後輩としてデビューし、異彩を放っているのがピンキーポップヘップバーンさんです!

ファンを恐るべき早さで獲得し、現在VTuberランキング37位に座しています!(2019年8月現在)

 

初回動画では、ツンデレ高飛車お嬢様かと思いきやへなちょこであるなどのギャップを存分に魅せ付け、Twitterでもファンと気軽に交流するのでとても親しみやすいVTuberです。

 

今回はそのんなピンキーポップヘップバーンさんについてまとめていこうと思います!

 

ピンキーポップヘップバーンってどんなVtuber?

 

ピンキーポップヘップバーンさんについてみていく前に、まずはVTuberってそもそもなんなのって人のために、これまでのVTuber界隈の流れと概要をまとめます。

 

そもそもVTuberって?

 

VTuberという呼称を最初に用いたのは、2016年に活動を開始したキズナアイさんです。

 

キズナアイさんのデビュー前にもVTuberに該当するような配信者はいたのですが、世界で初めて「VTuber」を自称したという点で、キズナアイさんが世界初のバーチャルなYoutuberということになります。

 

その後、キズナアイさんの活動に中てられて、次々とデビューする人が続出しました。

 

例えば、バーチャル四天王と呼ばれるメンバーは、電脳少女シロさんが2017年6月、ミライアカリさんが2017年10月、輝夜月さんが2017年の12月にそれぞれデビューを果たし、今の地位を築いています。

 

元四天王の一人である「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」ことねこますさんは2017年11月に活動開始しましたが、2018年12月に惜しまれながらも引退しました。

 

これらの人気VTuberは2017年までに活動を開始しトップを駆け抜けているわけですが、実はその人気は早いうちにVTuber界に足を踏み入れた事が大きいです。

 

リアルに比べてできることが限定せられているバーチャルタレントは、分野の新規性とキャラの個性、動画のクオリティが求められ、デビューが遅ければ遅いほど未開拓の分野を探さなければならないので人気を得るには不利になる傾向があります。

 

そして2019年には飽和状態とまで言われるほど、ジャンルが開拓され尽くされました。

 

 

ピンキーポップヘップバーン、デビュー

 

2018年12月30日、VTuberとしてはかなり遅いデビューを果たしたのがピンキーポップヘップバーンさんです。

リアルタイムで活動開始を見ていましたが、正直大成するのは難しいのではと思われました。

 

しかし、その人気は遅咲きのハンデを感じさせない伸びを見せ、なんとデビュー2週間にしてチャンネル登録者数が10万人を超えるという偉業を成し遂げました!

 

 

色の三原色を思わせるような鮮やかなカラーリングが目を引きますが、実はピンキーポップヘップバーンさんは輝夜月さんの後輩にあたり、いろいろな共通要素が散見されます。

 

所属は明らかではないですが輝夜月さんと同じ「THE MOON STUDIO」なのではないかとされています。

それに関連して、「KOTODAMA TRIBE」のMERAとは容姿がかなり似ていてなんらかの関係があると思われます。

 

ファンの名称は「Poppins」で、ファンからの呼称は「ピンキーちゃん」「ピンポンちゃん」「PPH」などがあります。

本人は「ピンキー様」呼びを推奨していますが、大抵ピンキーちゃんと呼ばれます。

 

好きなものは、お金、権力、カワイイ女、苦手なものは爬虫類、鳥だそうです。

根っからのオタク気質で、好きなものの話になると早口になり、推しを推さないと気が済まない性分です。

 

例えば「アイカツ」について愛を語る動画では、再三再四「アイカツを見ろ!」と推してきます。

アイドル部所属のもこ田めめめさんの大ファンで、自身のホワイトデー動画でもその限界オタクっぷりを露呈させています。

 

Twitterでは140字という制限がある中、507文字に渡る愛を語っており、ただならぬ想いを感じさせます。

 

 

年齢は?

 

年齢は、120歳というとんでもない設定ですが、これは輝夜月さんの143歳(活動開始当初)を踏襲したものであると思われます。

誕生日は明らかにされていません。

 

 

身長は?

 

誕生日同様公表はされていませんが、身長160cmの輝夜月さんと「LUNA TV」で並んだときに遜色ないようだったので、160cm前後かと思われます。

 

スポンサーリンク

 

平田の理由は?

 

PPHが「ぱい(P)ぱい(P)ひらたい(H)」の略ともとれることから、Twitterのハッシュタグで#ぱいぱいひらたいが使われるようになったのがきっかけです。

それがさらに短縮されて「ひらた」→「平田」となりました。

 

ピンキーさんもそう呼ばれていることを認知していて、動画では渋々容認しています。

但し、平田で検索すると自分ではなく野球の平田選手が出てくるため、エゴサをするのが大変とのこと。

 

 

陰キャ!!!

 

オタク気質と同時に実は相当な陰キャであることが伺えます。

伺えるというか、本人が陰キャであることを自称し、ネタにして回っている始末です。

 

例えば、「ステーキ屋で注文の仕方がわからず半泣きになった陰キャぼっち」という旨のツイートを他人の体験談風にして投稿していますが、内容がリアルすぎて泣きそうになります。

 

 

他にも、「陰キャなあたしと友達になってくれてありがとう」「陰キャでよかったこと」など自虐ネタを連発しています。

 

 

細かすぎて伝わらないモノマネ王座決定戦ではヒメヒナとミライアカリさんに囲まれながら初代王者に輝いたものの、「周りが盛り上がっているから取り敢えず合わせておくムーブ」を決めるという痛恨のミスを犯して、それをキャプチャしたものをリスナーさんにツイートされました。

 

勿論、エゴサの姫であるので当然のようにリツイートしています。

 

 

デザインした人が輝夜月と同じ!

 

輝夜月さんの後輩にあたるとは先に述べましたが、実はキャラクターデザインやイラストを担当している人も輝夜月さんと同じ「MikaPikazo」先生なんです!

MikaPikazo先生が携わっていることは、少なからずピンキーポップヘップバーンさんの人気に寄与しているでしょう。

 

輝夜月さんと比較して、胸のポリゴンが足りないことや白基調の服装であること、左右非対称が前面に押し出されたデザインであることがわかります。

あと、露出が多いです。

 

しかしながら、輝夜月さんを彷彿させる赤青黄のバッテンやチーズのような髪飾りなど、共通要素もちりばめられています。

ちなみに、同じMikaPikazo先生から生まれたという点では妹ではあるのですが、厳密には先輩後輩関係であると「Luna TV」に出演した際に述べています。

 

スポンサーリンク

 

声優は平野綾!?

 

輝夜月さんとは対照的に呂律の周りがキレッキレなピンキーポップヘップバーンさんですが、そのほかにもトーク力や漫談が上手いことから声優を雇っているのではと推測されています。

 

そのなかで第一候補に挙がっているのが、平野綾さんです。

平野綾さんといえば、涼宮ハルヒの憂鬱でヒロイン「ハルヒ」やデスノートの「弥海砂」を演じた声優として有名です。

 

そして、ピンキーポップヘップバーンさんと平野さんの声を検証した結果とても似ていることが明らかになりました。

しかし、この情報は公式ではなく、あくまで推測の域を出ないので注意が必要です。

 

 

コスプレをする人が続出!

 

ピンキーポップヘップバーンという名前に恥じないポップなカラーリングが人気を呼んで、コスプレをする女性リスナーが続出しています。

 

 

衣装やウィッグが凝っていて、レイヤーさんのこだわりを感じます。

 

 

輝夜月に動画のネタをパクられる

 

先輩後輩関係なので割と距離が近く関わり方もラフなのですが、「おっ○い体操」の動画をパクられてさらに煽られるとは思ってもいなかったでしょう。

 

引用ツイートで怒っています。

 

 

そして、ミライアカリさんにも同じネタ動画を投稿され巨乳勢の一斉砲撃を食らう羽目に。

 

 

 

 

織田信姫に絡まれる!?

 

髪の毛の色や喋り方が似ているとのことで、織田信姫さんが「並行世界の私」として動画で紹介しています。

キャラが被っていることを気にしている様子です。

 

たまにYouTubeのコメント欄やTwitterのリプに出没して、先輩として気にかけているようです。

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

いかがだったでしょうか。

この記事がピンキーポップヘップバーンさんの動画を見るきっかけになれば幸いです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

Vtuberの記事はこちらで一覧でまとめています↓

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク