かつを(Youtuber)の本名や年齢、身長は?事務所も気になる!

スポンサーリンク

 

皆さんは「かつを」というYouTuberをご存知でしょうか。

 

あるある動画で人気があり、TikTokでも人気があります。

 

TwitterやInstagramでも活動して、そちらも人気です。

 

そんな「かつを」さんのプロフィールや人気の理由などを紹介しましょう。

 

かつをってどんなYoutuber?

 

かつをさんは2018年4月4日にYouTubeに登録をして、2018年9月25日が今のチャンネルでの初投稿です。

 

消されているので見れませんが、かつをチャンネルの前に違う名前でYouTubeをしていたみたいですが名前は分かりません。

 

今の名前にしてからの方が登録者の伸びが良いので、新しく再スタートして正解ですね。

 

2020年1月5日の時点で登録者は2.6万人とそれほど多くありません。

 

しかし、新しい動画の再生数は40万回、76万回、24万回とかなり多いので名前を変えてからの勢いは本物でしょう。

 

フォロワーがTwitterは949人でInstagramが1817人とちょっと少なめですが、TikTokだけは34万を超えていて人気があります。

 

TikTokのフォロワーがYouTubeや他のSNSもフォローしてくれれば良いと思うんですが、何が違うんでしょう。

 

YouTubeはあるある系の動画が多いですが、着眼点が独特すぎてかなり面白くなっています。

 

途中更新が止まっていましたが、2019年の年末からは頻繁に更新しているのでこれから登録者が増えそうです。

 

 

本名は?

 

かつをさんは本名を公開していません。

 

「かつを」が本名なのかなと思いましたが、Twitterで「かつをと呼ぶ人が増えてきてなんだか」みたいなつぶやきもあったので、「かつを」が本名かも謎です。

 

 

年齢は?

 

生年月日も公開していませんが、Twitterで山崎賢人さんと同い年と言っています。

 

 

おそらく1994年生まれの25歳です。(2019年6月23日時点)

 

 

身長は?

 

身長も公表していませんが、動画で引き戸の下を通っています。

 

 

引き戸の普通の高さが181cmみたいです。

 

かつをさんが通る時に上と10cmぐらい余裕があるかなと思います。

 

なのでかつをさんの身長は170cm前後ではないでしょうか。

 

かつをさんは動画で質問コーナーなどをしていないので、何も分かりません。

 

気になっている人も多いと思うので、いつか質問コーナーみたいなのをやってくれると嬉しいですね。

 

 

事務所は?

 

かつをさんはNatteeという事務所に所属しています。

 

TikTokを中心としたショートムービー活動に力を注いでいる事務所のようですね。

 

今時の新しい会社で、時代の流れに乗った事務所なので、かつをさんもここで伸びそうな気がしますね。

 

スポンサーリンク

 

TikTokも人気!

 

なんといってもTikTokの人気が1番あるんです。

 

最初にタイトルを出してからおもしろ動画を出す編集は、他のTikTok動画ではあまり見かけません。

 

そのまるでコントを見るような感じの動画がウケているんでしょうね。

 

ここで何本か紹介しましょう。

 

1本目はこちらです。

 

@katsuwo_pokemonヤベッこれ気まずいって思う瞬間#気の合うお友達 #あるある #学校あるある #コメディ #おすすめ載りたい♬ オリジナル楽曲 – かつを

 

的確なあるあるで、笑うというよりも感心するレベルです。

 

グループの中でそれほど仲良くない人と一緒になった時は話すことすらありませんよね。

 

 

2本目はこちらです。

 

@katsuwo_pokemonあけましておめでとうございます言うべきか迷ってる奴#私の正月2020 #コメディ #あるある #おすすめ載りたい♬ オリジナル楽曲 – かつを

 

コレ凄い分かるんですけど!

 

「あけましておめでとうございます」って言葉って、出会った最初に言わないともうタイミングがありませんよね。

 

会話をぶった切って言うのもおかしいし、時間が経つと今更感も出てくるから余計に言えないです。

 

思わず「そう!」って声が出ましたよ。

 

 

3本目はこちらです。

 

@katsuwo_pokemon女子の高校入学当初のクラスの構図#学校あるある #あるある #こういう人いるよね #おすすめのりたい♬ オリジナル楽曲 – かつを

 

どうして女子の思考が分かるんでしょうか。

 

それだけ人間観察力が優れているんだと思います。

 

普通に芸人さんのあるあるネタよりも面白いですし、センスもあると思うんです。

 

1番多いのがポケモンの擬人化ネタで、ポケモンをやってる人なら思わず笑ってしまいますね。

 

オープニングの絵もネタの雰囲気と合っていて、TikTokが人気があるのも納得ですね。

 

スポンサーリンク

 

言いたいことを言うTwitterが面白い!

 

Twitterのフォロワーは多くありませんが、かなり言いたい事を言っていて個人的には面白いと思います。

 

 

コレは本当にそうですよね。

 

YouTubeのスパチャもそう、何万も投げ銭して何がしたいんだろうって思います。

 

「〇〇さんありがとう」って言葉が聞きたい為にお金を払っているんでしょう。

 

自分の金だから別に構わないけど、スマホゲームの課金と同じで何もの残りませんけどね。

 

 

どうでも良い指摘をしたがる人って職場やグループに絶対に1人はいるんですよね。

 

自分は正しいって事を周りに教えたいんだと思います。

 

余裕がない人だなって思っちゃいますけどね。

 

 

これはよくわかりますね!

 

意味の無い「一人で食べませんよ」アピールってしてしまいます。

 

多分店員さんは何も思って無いんでしょうけどね。

 

2012年からやっているので、もっとフォロワーが増えても良いと思います。

 

TikTokもYouTubeもTwitterも全部あるあるネタなのに、TikTokだけ人気があるのは不思議です。

 

スポンサーリンク

 

おすすめ動画は?

 

ここでは個人的に面白いと思ったYouTube動画を紹介します。

 

1本目はこちらです。

 

 

修学旅行なんで小中高で1回ずつなのに、よく見てますよね。

 

共感する人が多いのか、この動画が1番再生回数が多いです。

 

しかし自分は見事に全部納得できましたね。

 

本当に上手いと思います。

 

 

2本目はこちらです。

 

 

ポケモンが高校生だったらという発想自体、普通はしないですよね。

 

しかも設定が物凄く細かくて、元々あった設定みたいです。

 

もしもポケモンで学園ドラマやるとしたら、このまんまの設定で良いんじゃ無いんでしょうか。

 

コメント欄もポケモン擬人化で盛り上がっているので、ポケモンが好きな人にも納得のキャラ設定になっているのだと思います。

 

 

3本目はこちらです。

 

 

どうして女子高生の事を男子のかつをさんがこんなに理解しているのかがわかりませんし、本当にすごいです!

 

コレもコメント欄では「分かる」と言われているので、大きく外れたものは無いのでしょうね。

 

多分高校生の時、ずーっと人間観察していたのだと思います。

 

勝手な想像ですけど、かつをさんは友達と騒いだりするイメージは無いです。

 

誰とも群れずに、教室の隅でじーっと人間観察している姿しか想像できません。

 

社会人になっても人間観察は辞めてなさそうだから、動画のネタは沢山あるでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

人気の理由は?

 

2019年の年末辺りから再生数が伸び初めて、人気が出始めたかつをさん。

 

ここからはその理由を私なりに解説していきます。

 

理由①あるあるネタに納得出来る

 

おそらくかつをさんは、人間観察がとても好きなのだと思います。

 

それで得た情報を分かりやすくて、面白くまとめるセンスがあるんです。

 

あまり細かすぎてもうるさいですし、まとまっていないと伝わりません。

 

丁度良いバランスで動画が出来ているのが良いんでしょう。

 

InstagramにもTikTokとと同じように、あるあるネタ動画を上げていますが、それほど人気は出ていません。

 

TikTokは面白い動画、Instagramはオシャレな写真や動画というように、住み分けがされているのかなと思います。

 

 

理由②人気アニメをネタに取り込む

 

YouTubeの方ではまだ少ないですが、TikTokでは人気アニメをよく使うんです。

 

2020年1月の時点ではポケモン、キングダム、鬼滅の刃を使ってあるあるネタを投稿しています。

 

これから先YouTubeの方にも投稿が増えるでしょうし、他のアニメを使ったネタも増えそうです。

 

そうなると今よりもっと面白くなる気がして、登録者も増えるでしょうね。

 

 

理由③TikTokの手軽さが合っている

 

YouTubeの登録者はそれほど増えていないのに、TikTokのフォロワーが増え続けている理由は手軽さにあるでしょう。

 

短いあるあるネタをポンポン出すには、TikTokの短さが丁度良いと思います。

 

YouTubeでも短い動画でネタを出していますが、テンポ良く見れるのはTikTokの方です。

 

良いねの数を見ればよく分かるんですが、YouTubeは3万数千良いねですがTikTokは700万も良いねされています。

 

動画の本数もありますが、いかにTikTok向きな動画なのかが分かるでしょうか。

 

TikTokからYouTubeに流れてきた視聴者を捕まえるには、ちょっと違うことをした方が良いのかなとも思いました。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回は「かつを」さんについてフォーカスしてきましたが、いかがでしたか?

 

個人的にはせっかく面白いあるあるネタという武器を持っているのに、更新頻度が少なくてとてももったいないと思います。

 

TikTokで人気があるのだからYouTubeでも視聴者は増えるはずです。

 

本職があるのなら無理でしょうが、できれば毎日投稿か曜日を決めて動画投稿をすれば登録者は確実に増える気がします。

 

本当はもっと伸びるべきチャンネルだと思うので、これからも楽しみなチャンネルの1つです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク