美容系Youtuber

ヘラヘラ三銃士まりながグラドル!?元カレや父親も気になる!

 

ヘラヘラ三銃士」は2018年からyoutuberとしてグループを結成し、わずか1年で登録者数約60万人と人気急上昇中のyoutuberです!

 

ありしゃん」「さおりん」「まりな」の女性3人グループで、韓国をテーマにグルメ、美容、ダイエットなど幅広く情報を発信しています。

 

彼女たちの魅力は何といっても「飾らない」ところ!

 

今回は、そんな3人グループの「天然」担当まりなについて、ご紹介したいと思います。

 

 

ヘラヘラ三銃士まりなはグラドルとパチプロだった!?

 

可愛らしい見かけとは裏腹に、動画ではタバコやお酒を飲んだり、ゲーム好きという一面を持つまりな。

 

そのギャップも見せつつも、泥酔動画では「このダメな感じが可愛い」「友達になりたい」など、意外にも好感を持つ人が多いのです。

 

そんな、いかにも「ダメ女」なまりなですが、実は彼女、元グラドルであり、さらにパチプロだったという驚きの過去がありました!

 

グラドル時代

 

きっかけとなったのは、2014年頃に「ドリームステーション」というアイドルユニットに参加したことです。

 

 

この時、小川まりなとして「アイドルの穴」とうオーディション番組に出演し、グラビアの道へと進むことに。

 

吉木りさ、壇蜜などがいる芸能事務所FITに所属していました。

 

いわゆる「童顔系」のまりなですが、胸はGカップと、完璧なバストを持っています。

 

当時は、小柄なのに巨乳というギャップから、男性ファンも多かったようです。

 

動画でもグラビアをやっていたことを公表しており、水着姿はさすが元グラビアアイドル!と納得するほどスタイル抜群でした。

 

 

 

パチプロ時代

 

グラドルとしての活動は続き2018年に名前を「エムちゃん」に改名し、パチンコスロット業界に進出しました。

 

スロットをやり始めたのは2017年の9月からで、地元の友達に誘われたのがきっかけだそうです。

 

パチンコパチスロTVの「木村魚拓の窓際の向こうに」にも出演し、あの木村魚拓さんに「素材はパチスロ界のイチロー」と言われるほど。

 

番組の中では、プロ顔負けの打ちっぷりでした。

 

本当にパチスロが好きなようで、プライベートでも、まどマギのスロットをよく打っているそうです。

 

 

 

まりながYoutuberになったきっかけは?

 

ヘラヘラ三銃士というグループが結成されたのはリーダーのありしゃんが声をかけのがきっかけでした。

 

もともと、ありしゃんはyoutuberとして1人で活動しており、ピンで動画を撮ることに限界を感じていたと告白。

 

そんな中、もっとバラエティーに富んだ動画にする為に声をかけたのが「まりな」と「さおりん」だったとのこと。

 

もともと、2人とも容姿端麗で華やかさはあるので、あっという間に人気になるだろうということは予測できます!

 

しかし、ありしゃんはそれ以上にまりなの「失うものがないぶっ飛び具合」に自分には持っていない魅力を感じたのだそうです。

 

そして偶然にも、まりな自身が事務所の更新という時期だったということで、すぐに辞めて来てくれたと語っていました。

 

いかに、ありしゃんの人望が厚いのかということが、このエピソードで伝わってきます。

 

普通であれば、こんなに可愛い子が泥酔して道端で寝転がった動画をアップしようなんて思いつきませんよね。(笑)

 

ありしゃんは、本当にプロデュースのセンスがあるんだなと、動画を見るたび実感します。

 

 

まりなの私生活がだらしないと話題に!

 

メンバーからはいつも「乞食」といじられているまりな。

 

Twitterでは、いつもお金がないというツイートがありました。

 

 

ファンからも、「家賃ちゃんと払えてるの?」と心配されるコメントが度々みかけられます。

 

これはネタではなく、実際に家の家賃を3ヶ月も滞納していたようです。

 

さらには、クレジットカードも支払いが遅れて使えない、などなど・・・金銭面ではかなりだらしのない一面も。

 

韓国に旅行に行ったり、整形をした動画などがあることから、かなり大きな出費を重ねてしまったのではないでしょうか。

 

また、お金がない理由として本人は「お金があるとパチンコに使っちゃう」とのこと。

 

そんなだらしないまりなを更生させようとメンバーがキツいお仕置きをする動画も!

 

 

彼女にとっていい薬になったのではないでしょうか。

 

 

金持ちの実家から父親逮捕で貧乏に…

 

いつも金欠なまりなですが、そこには「元お嬢様」だったという驚きの過去がありました!

 

お嬢様だった頃の生活は家にエレベータ、さらには食卓にキャビアやふぐ刺しが並んでいるのが当たり前!

 

お小遣いは好きなだけ使っていい、というまさにセレブな生活を送っていたそうです。

 

しかし、父親の会社が失敗してしまい、さらに逮捕という度重なる不幸により借金を背負うことに。

 

実は、グラドルを始めたのも借金を返済するために始めたのがきっかけのようです。

 

 

動画では酒乱でポンコツなイメージが強いまりなですが、本当は家族思いの優しい女の子だったんですね・・・。

 

 

まりなの元カレは有名な韓国アイドル!?

 

動画では、お酒で酔っ払うといつもスキピ(=好きな人)の話をし始めて号泣するのが、まりなの定番となっています。

 

そこまで泣かせるスキピって一体どんな人!?っということで、まりなの元カレについて調査してみました!

 

いつから付き合っていたのかは不明でしたが、その頃の彼はまだ売れないアイドルで給料は常にマイナスだったとこのこと。

 

当時のまりなは、そんな彼氏が可哀想で、4か月でなんと100万円近く貢いでしまったのだとか!

 

最初のうちはご飯代だけだったのが、いつしか好きな物をなんでも買ってあげる完全「ヒモ女」となってしまったのです。

 

 

動画の詳細欄には「やっと売れたんだから金返せよ!ゴミ男!!!」というコメントが。

 

投稿は2019年3月に投稿されており、この時には既に売れていたということになります。

 

2017年〜2018年あたりに売れていたk-popグループだと予想すると、以下のグループが挙げられそうです。

 

・Pentagon(ペンタゴン)
・14U(アイフォーユー)

 

しかも、Pentagonのホクソクはファンのプレゼントを彼女にあげたことで一時ファンの間では問題になっていました。

 

動画内でまりなが話している内容と一致します。

 

彼氏の事務所はMV制作費や食事代など実費で負担。

 

そこそこブラックな会社であれば、14Uの方が可能性としてはありそうです。

 

調査をしてみたものの、結局元カレが誰だったのか分かりませんでしたが、これを機にまりなには、ちゃんと良い人を掴まえて欲しいですね。

 

 

まりなの最終学歴は大学?

 

いろんな肩書をもつまりなですが、学生時代はどんな子だったのかというところも気になります。

 

しかし、彼女の学歴について調べてみましたがどこにも情報はありませんでした。

 

ここでは調査をもとに、まりなの学歴を推測していきたいと思います。

 

すでに紹介していますが、まりなは、ドリームステーションでグラドルとしてデビュー。

 

しかし、さらに調査をしていくと2013年3月に「放課後プリンセス」というアイドルグループで「相内小花」として、活動していたことが判明しました。

 

 

彼女の出身は神奈川県ではありますが、この経歴を考えると、20歳前後にはもうすでに東京にいたと考えられます。

 

アイドル活動をしながら、大学に通っていたとすれば当時の事務所は東京都の渋谷区なので候補として、以下の大学が挙げられるでしょう。

 

・青山学院大学
・立教大学

 

青山大学は表参道ですし、学生にとっても、おしゃれで人気なスポットでもあります。

 

また、2校とも交通アクセスも良いので可能性として考えられますよね。

 

 

まりなの本名や年齢、身長などのプロフィール

名前 : まりな
年齢  : 28歳(2020年6月17日時点)
身長 : 143cm
体重 : 40kg
血液型: O型
特技  : ドラム
趣味 : 歌、ラーメン巡り
スリーサイズ :B86/W55/H80

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか。

 

天然で、少しポンコツなまりなですが、本当は家族思いで、恋には一途な優しくて可愛らしい女の子なんです。

 

そして、裏表のない彼女だからこそ動画での失態もどこか憎めない、そんな魅力があります。

 

皆さんも、この機会に是非ヘラヘラ三銃士のチャンネルをチェックしてみてはいかがでしょうか!

 

ヘラヘラ三銃士のまとめ記事はこちら!

ヘラヘラ三銃士のメンバーの年齢や本名は?整形動画がすごい!

  整形を包み隠さず公開していて、 話題となっているヘラヘラ三銃士という 3人組の女性YouTuberをご存じでしょうか?   整形関連だけでなく、 その他の動画も面白いと人気を ...

続きを見る

-美容系Youtuber

Copyright© 金ちゃん日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.