実験道場のメンバーのwikiは?本名や年齢、オススメ動画が気になる!

スポンサーリンク

 

もともとYoutubeの実験道場というのは、過去にTAKEchan博士KEKKE博士RYUTA博士Junko☆博士ひらたマン博士の5人が集まって劇場で実験道場というコントライブをスタートした所からはじりました。

(Youtubeの動画はこの実験道場の表現のひとつみたいです)

 

またこの実験道場のライブ第一回目が2015年の9月19日の土曜日だったのですが、この第一回目のライブからもう3年以上も実験道場としてパフォーマー&ライブを続けているんですよね。

 

しかも日本国内だけでなく海外での活動も頻繁にされてるようで、ライブ以外にもボランティアもされてるみたいですね。

最近ではカンボジアでボランティア活動をされてきたようです。

 

そして実際に動画を見てみると実験道場の5人の誰もがパフォーマーとしての技術が高く、素人目に見てもプロの集団じゃないかな?とは思っていたのですが、いろいろ調べてみたらやっぱりそれぞれ分野は違えどその道のプロだとわかりました。

 

そこで今日はYoutubeの動画を見ただけではわからない、5人のいろんな面を赤裸々に書いてみようと思います。

そいじゃ、レッツらスタート!

 

TAKEchan博士のプロフール

 

実験道場のリーダーといったらTAKEchan博士です。

 

今ではダンサー&パフォーマーとしてもかなり有名なTAKEchan博士ですが、活動を始めた頃は劇場でコントライブをしたり、3年前には漫才コンビを組んでお笑いコンテストに出場していたりもしていました。

 

そして2017年にはクラウドファンディングで資金を募り、その年の11月25日にはニューヨーク公演を実現させてしまいました。

 

 

そういえばクラウドファンディングで資金を集めてニューヨーク公演や原画展を実現させてしまった人といったらキングコングの西野さんが有名ですが、TAKEchan博士はこの西野さんと同じ事を実現した訳ですね。

 

それも実験道場を結成して「たった2年で!」かなりスゴイ事だと思います。

 

 

TAKEchan博士の本名は?

 

TAKEchan博士の本名は、蛇澤 多計彦さんです。

出身は青森県八戸市だそうです。

 

 

TAKEchan博士の年齢は?

 

TAKEchan博士は31歳です。(2018年12月時点)

 

 

TAKEchan博士の身長は?

 

身長は、175cm。 体重は、61キロだそうです。

 

スポンサーリンク

 

KEKKE博士のプロフール

 

実験道場の5人のメンバーが集まる前は、TAKEchan博士(兄)とKEKKE博士(弟)の兄弟で活動していました。

 

兄のTAKEchan博士は、ダンスはもちろんの事コントや漫才など多方面で活動されていましたが、弟のKEKKE博士は、俳優&筋肉&ダンスパフォーマーをメインに今は活動されています。

 

ただ調べてビックリしたのがKEKKE博士の経歴を見てみると吉本新喜劇に出演されてた過去があった事です。

 

実は実験道場のメンバーの中には他にもこの吉本と関係がある人が何人かいるのですがなにか不思議な縁がありますね。

そしてやっぱり兄弟だからかTAKEchan博士と顔がそっくりです。

 

 

ただ体の方は筋肉バッキバキですが!

 

 

実はKEKKE博士は元自衛隊員だったのでそれもあってか鍛え方がスゴイですね。

 

 

KEKKE博士の本名は?

 

KEKKE博士の本名は、蛇澤 圭佑さんです。

TAKEchan博士の弟だそうです。

 

 

KEKKE博士の年齢は?

 

KEKKE博士は29歳です。(2018年12月時点)

 

 

KEKKE博士の身長は?

 

調べてみましたがわかりませんでした。

 

スポンサーリンク

 

RYUTA博士のプロフール

 

RYUTA博士といったらジャックハンマー

ジャックハンマーとはブレイクダンスの技のひとつで、片腕で体全体を支え小さくジャンプしつつ回転する技です。

 

そしてプロのダンサーでもRYUTA博士レベルでジャックハンマーが出来る人となるとそう多くはいません。

実際にRYUTA博士はこのジャックハンマーでギネス記録を取った人なので、世界トップクラスのダンサーと言ってもいいかもしれませんね。

 

その世界トップクラスのジャックハンマーがこちら。

 

 

さらっと当たり前のようにダンスしていますが、本当はこんなに簡単に出来る技じゃないんです。

 

また、RYUTA博士はジャックハンマー以外の技も動画で解説されてますね。

 

 

プロのダンサーの動きはすごいです。

 

スポンサーリンク

 

RYUTA博士の本名は?

 

RYUTA博士の本名は、城ノ脇隆太さんです。

KEKKE博士と同級生です。

 

 

RYUTA博士の年齢は?

 

RYUTA博士は29歳です。(2018年12月時点)

 

 

RYUTA博士の身長は?

 

調べてみましたが詳しくはわかりませんでした。

 

スポンサーリンク

 

Junko☆博士のプロフール

 

実はJunko☆博士、調べてみるとTHE GALAXXXXY★というダンスユニットを組んでいた時期があり、その時に『WAAAARP TO THE GALAXXXXY★』というアルバムを出しています。

 

このアルバムは2014年にリリースされましたが、今でもiTunesでダウンロード購入できます。

ちょっと曲を聴いてみたけど個人的には結構好きな曲ばかり。

 

その中の1曲がこちらです!

 

 

ただし、現在THE GALAXXXXY★は活動を休止しており、しかも、相方だったYUMIEさんがソロデビューしたため、今後しばらくはTHE GALAXXXXY★として活動しているJunko☆博士は見れないかもですね。

 

ただ調べてびっくりしたのが、このダンスユニットで活躍している時期に、吉本クリエイティブエージェンシーに所属していた事です。

 

ダンスメインの人がお笑いの事務所に所属するってどういう事なの?と不思議に思ったら、吉本にもダンサー部門ってのがあるんですね。今初めて知りました。

 

あと、Junko☆博士は振り付けや演出もしてるけど本業はやっぱりダンサーです。

ツイッターを見てみたら10秒ぐらいJunko☆博士が踊ってる動画があったんだけど動きがキレッキレでした。

 

 

また、Junko☆博士といったらヌンチャク。

ツイッターでヌンチャク片手にあらぶっているJunko☆博士の姿が見れます。

 

 

また、Junko☆博士が出てる動画で個人的に好きな動画が、この「ローソンのフォークで超エコなアート作品創ってみた!」動画です。

 

 

動画の中でのJunko☆博士の自由すぎるところが結構やばい。

これは本人がつぶやいてたんだけど、Junko☆博士はブルース・リーを目指してるそうです。

 

スポンサーリンク

 

Junko☆博士の本名は?

 

Junko☆博士は、大学を卒業して芸能界で活躍されてる頃にはすでにJunko☆という名前で知られていたようですが、本名については公表されておらずわかりませんでした。

 

出身地は静岡県浜松市だそうです。

 

 

Junko☆博士の年齢は?

 

調べてみましたが結局分かりませんでした。

ただ誕生日は、6月2日だそうです。

 

 

Junko☆博士の身長は?

 

公表されていないようで分かりませんでした。

 

 

Junko☆博士の今までやってきた事がかなりスゴイ!

 

過去にはダンス業界で多くのコンテストで優勝し、今ではダンサー&振り付け師&演出家として大活躍のJunko☆博士。

 

実験道場の5人の中でも紅一点のJunko☆博士が今までやってきた事を知りたいならこの動画です。

 

 

この動画に出てくるアーティストの振り付けor演出、もしくはそのどちらも手がけて来たのがJunko☆博士です。

個人的にはマクロスFのシェリルノームの歌の振り付け&演出の提案までしてたとはビックリしました。

 

そしてさらに、Junko☆博士は実験道場の仲間とニューヨーク公演を実現して帰国した後、突然NHKからオファーがあり、2017年紅白歌合戦のある人の振り付けを引き受けました。

 

 

1年の間にニューヨークで公演をやり紅白の振り付けまでしてしまうYoutuberって、世界中探してもこの人ぐらいではないでしょうか。

 

そういえば最初にクラウドファンディングの話でキングコングの西野さんの話を書いたけど、実はJunko☆博士、その西野さんにもダンスを教えてたよ。

 

 

行動力がある人達ってお互いに繋がっていくもんなんだね。

 

スポンサーリンク

 

ひらたマン博士のプロフール

 

実はひらたマン博士、実験道場でパフォーマーもしていましたが、もともとはお笑いを極めようとした人だったようで、調べてみると吉本の養成所に通っていた時期がありました。

 

オリエンタルラジオやトレンディエンジェルと同期生だったようです。

 

 

しかも2015年にはM-1にも出場されていて、グループでエントリーしている記録が残っていました。

実際に当時ひらたマン博士がどんな漫才をやってたか直に見てみたかったです。

 

あと実験道場の動画を見た限りでは、東京出身のひらたマン博士と青森出身のTAKEchan博士の接点がわからなかったのですが、ふたりの過去を調べたら「オールドファッション」というお笑いコンビを組んでいた時期があったようです。

 

 

ボケがTAKEchan博士ツッコミがひらたマン博士で浅草の劇場でライブをしていたみたいですよ。

ただ今は諸事情により実験道場のメンバーから外れ活動休止中の様です。(2018年12月末現在)

 

 

ひらたマン博士の本名は?

 

ひらたマン博士の本名は、平田雅大さんです。

出身は東京都世田谷区だそうです。

 

 

ひらたマン博士の年齢は?

 

ひらたマン博士は37歳です。(2018年12月時点)

 

 

ひらたマン博士の身長は?

 

調べてみましたが、わかりませんでした。

 

スポンサーリンク

 

Youtuber好きのあなたにオススメの配信アプリがこれ!

 

皆さんはどんな理由でYoutubeを見ますか?

金ちゃんは面白いYoutuberを見るのと同じくらい、目の保養をするために美人さんの動画を見ますが、特に金ちゃんと同じ理由で使っている人にオススメなのがライブ配信アプリです。

 

最近17Liveをはじめ、リアルタイムで美男美女と交流できるということで様々な配信アプリが流行していますが、その中でも特にオススメしたいのがPococha Liveです。

 

実は金ちゃんはPococha Liveの前には17Liveを使っていたんですが、大きく2つの理由でPococha Liveに切り替えたんですよね!

 

その主な理2つの理由がこちらです。

無料で確実にもらえるコインが多く、アイテムに消費するコインが少なくて済むので、より無課金でもライバーを応援しやすい!

②初心者ライバーが多いため、よりリスナーに優しく一生懸命な対応をしてくれるライバーが多い!

 

【PR】

Pococha(ポコチャ)-ライブ配信アプリ

Pococha(ポコチャ)-ライブ配信アプリ

DeNA Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

 

17Liveだとリスナーの数が多すぎて自分のコメントを読んでもらえなかったり、アイテムを贈っても見逃されることもしばしばですが、Pococha Liveでそれを感じたことがないんですよね。

 

17Liveよりも会話自体がゆったりしているので、よりライバーさんや他のリスナーと仲良くなりやすいのも魅力の1つでしょう。

 

そして、以前はPocochaをしている人自体が少なかったので、美男美女がいないイメージでしたが、最近はどの時間帯で見ても美男美女が増えてきました。

 

ちなみに金ちゃんが気に入ったいとうさやかさんは、実はミスiDのファイナリストになるほどの方でした!

 

 

他にも、配信中はずっとニコニコしているせりなさんもオススメです!

 

 

そして、美人だし話すの上手だし面白いな〜って思ったら、フリーアナウンサーの方でした!

 

 

当然ながら、実際に自分がいいな!と思った人からリアクションされることの嬉しさたるや、ハンパじゃありません…

 

やはり、Youtubeではイベントに行ったりしないとYoutuberの方と交流することができませんが、Pococha Liveでは自分の気に入った方と仲良くなれるというのが人気の理由であり、最大の魅力です!

 

どんな人がやっているのか調べてみると、中にはかなり有名な芸能人の方もいましたので、ぜひお気に入りの方を探してみてくださいね♪

 

Pococha(ポコチャ)-ライブ配信アプリ

Pococha(ポコチャ)-ライブ配信アプリ

DeNA Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

 

 

そして、認知度はそれほど高くないものの、配信者と音声やビデオで直接話せると話題のHAKUNA LIVE(ハクナライブ)にも注目です!

 

【PR】

 

HAKUNA(ハクナ) - ソーシャルライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) – ソーシャルライブ配信アプリ

MOVEFAST Company, K.K.無料posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回は「実験道場のメンバーのwikiは?本名や年齢、オススメ動画が気になる!

という話題でお送りしましたが、いかがでしたか?

 

Youtubeの動画を見てるとぐるぐる巻きとかプロレス技をかけたりとかふざけあった動画もありますが、ダンスがメインの動画を見ると流石プロの集団だなぁと毎回思ってしまいます。

 

やっぱり実験道場のダンスの技術は他のYoutuberと比べてかなり高いと思うんですよね。

ただし、動画としては出てきてませんが、実験道場のメンバーの中ではいろいろあったようです。

 

例えばある日メンバーが右膝内側側副靭帯を損傷してしまったり、鬱になってしまったり、活動ができないぐらいの状態になってしまったりと順風満帆とは言えない事が何度かあったようです。

 

とくに個人的にはひらたマン博士には早く復帰して欲しいところですが、調べてみると結構大変な事になっていたみたいなので今すぐというのは難しいかもしれません。

 

ただ個人的には実験道場が始まった頃の5人のメンバーでまた動画を見てみたいので復帰してもらえたらなぁと思ってます。

 

そんじゃ、最後まで読んでくれて、ありがとさん!

スポンサーリンク
スポンサーリンク