フィッシャーズのダーマの仕事は?本名や大学、ダンスが気になる!

スポンサーリンク

 

中学生の頃の思い出を、動画にすること…そこから全てが始まった、人気YouTubeグループ、フィッシャーズ-Fischer’s-

 

2019年5月25日には、劇場版「ワンピース スタンピート」に、ゲスト声優として出演することも公表されました。

常に活躍されているフィッシャーズですが、今回は、メンバーのダーマさんにスポットを当ててみました。

 

フィッシャーズの関連記事を大量にまとめています↓

 

ダーマのプロフィール

 

ダーマさんと言えば、ザカオさん同様、YouTube以外で、普通の仕事をなさっています。

そして何より、無類のゲーム好きなんです!

 

グラブル、モンスト、FGOなど、今流行のゲームは、一通りなさっている様子です。

グループ内で人気のスマブラも、なかなかの腕前です。

 

「【東京大会】フィッシャーズ参戦!VS小学生 /全国小学生スマブラ大会 団体戦 /DAY2 ダイジェスト」

 

こちらでは、小学生相手に、気持ち良く快勝しております。

※皆で本気で挑むと、事前に決めていたというのもあります。

 

 

本名と「ダーマ」の名前の由来は?

 

スパイダーマンのモノマネをしたことから、「スパイダーマン」→「ダーマン」→「ダーマ」となった説が一番有力です。

 

「ダーマの20歳祝いの乾杯でモノマネ炸裂!!」

 

成人男子になっても、スパイダーマンの真似をする姿は、少年のままです。

 

・『稲垣』さん、説。

他には、【AB-BOY PARK 2】 という、イベントに参加されていて、その時のエントリー名が『稲垣くん』だったそうです。

仮名である可能性がとても高いため、本名確定ではありません。

 

「【AB-BOY PARK 2】 厨二病コンテスト FINAL BATTLE CLOUD vs 稲垣くん」

https://www.nicovideo.jp/watch/sm14700540

この頃、ダーマさんは、高校生!ちなみに結果は準優勝でした。

 

 

・『児玉伊織』説

掲示板などで、ダーマさんの本名では!?と噂されたお名前です。

 

 

ただ…一番混乱なさっているのは、ご本人のようです。

 

 

ファンも、否定!

『児玉伊織』説は、完全否定なのでは、ないでしょうか?

 

 

・『本田』説。

こちらは、動画などで記録が残っていない為、真偽の程は分かりません。

ですが、『児玉伊織』説の、ツイートにもありますように、「フィッシャーズに『本田は2人いる』」と、シルクさんが言っていたとのこと。

 

一人目の本田は、ンダホさん。もう一人は…と、本名が公開されていない、ダーマさんに白羽の矢が立っているみたいです。

 

ただ、その発言をしたツイキャスは削除されています。

また、『本田2人説』も、オフ会などで発言した!という、都市伝説的な部分もあります。

 

いずれにせよ、ご本人が本名の公開、認証されていないのが、現状です。

 

 

年齢は?

 

1995年2月25日生まれ24歳です。(2019年7月現在)

 

 

身長体重は?

 

身長は165cmとなっていますが、体重は不明です。

 

 

どんな性格?

 

「ダーマの素顔!?」

 

「俺に苦言を呈する第一人者」と、シルクさんから評されています。

そして、「どっか旅行しようぜ」と誘っても、「俺は行きたくない」と拒否する一面も!

 

とにかくダーマさんは、家から外に出ず、(動画2015年の時点では)オフ会にも絶対来ないそうです。

※4回目のオフ会には、参加されています。

 

他に目立った性格はこちら。

・普段何もしないように見えるんだけど、何でもできる
・自分の意見をしっかり持ってて、めっちゃいい人!ノリがいい!
・教えるのが上手!
・疲れが顔に出やすい

流石、長年つきあってきたメンバー、ポンポンと、良いところ気になるところを、あげてゆきます。

 

その中でシルクさんが、ダーマさんの良い面を、こう告げています。

あいつの一番いいところは、家に帰って自分の言ったことを、反省するところ」とのこと。

 

言う事は言いますが、意外と寝る前に反省することも、多いそうです。

 

スポンサーリンク

 

高校や大学はどこ?

 

ダーマさんの高校は明らかにはされていませんが、男女共学の普通科の学校であるということは判明してしております。

そして、その後は専門学校に通っていたということがマサイさんのツイートからはっきりとわかっています。

 

 

ちなみに専門学校では情報処理系の内容を学んでいたということがわかっています。

情報処理系ということはプログラミングを学ばれたということになります。

 

おそらくではありますが、先ほどチラッと紹介したゲーム好きが情報処理系の専門学校への道へと繋がったのではないでしょうか。

 

金ちゃんもプログラミングをかじったことがあるのですが、ゲーム好きの人が自分でゲームを作ってみたいと思い、プログラマーの道へ進むことはけっこうあるみたいです。

 

大学が判明しているメンバーはこちら↓

 

 

仕事内容が気になる!

 

ダーマさんは、過去にTwitterアカウントを自ら削除なさっている為、現在のお仕事を記すものはありません。

ただ、専門学校ので学んだプログラミングを活かしてプログラマーの道に進んだことで知られています。

 

そして、以前のTwitterのアカウントを削除しているため、現在は見ることはできませんが、「200万でも仕事は仕事」という内容のツイートを2017年にしていることもわかっています。

 

2017年というと、フィッシャーズとして活動しながら仕事をしていたことになりますね。

残念ながら会社名や2019年時点も続けているのかも定かではありませんが、何れにしても専門学校で学んだ知識を活かして就職したということは確かであります。

 

フィッシャーズ以外の活動でも活躍しています↓

 

スポンサーリンク

 

ダンスが上手い!?

 

フィッシャーズは、音楽を流すと大体踊り出す。

果たしてメンバーは音楽を流し出したら、踊るのかという検証動画があります。

 

「あれは本当なのか真実を暴きます!!!」

 

「音楽を流して、全員踊るまで、帰れません!」と、断言するシルクさん。

またまた、そんな無茶ぶりして帰れなかったらどうするんですか?と、内心ツッコミました。

 

 

……が、検証開始から、すぐダーマさんが暴走。

 

 

音楽をかけはじめたら、速攻で反応!

ダンスがとてもお好きなようです。

 

 

ファンからも、『ダンス組』と言われる腕前!

 

 

本当にダンスが得意だった!

 


それもその筈、ダーマさんは、マサイさんと一緒にダンスバトルに参加したことも、あるのです。

 

 

ザカオさんとも、ダンスを楽しまれているようですね。

ちなみに、ウィンドミルとは、ブレイクダンスのパワームーブのひとつです。

 

難易度は高くはありません。ですが、多くの初心者が、最初につまづく技でもあります。

 

「ZAKAO バトルムーブ練習」

 

ウィンドミルとはこのようなもの!

お手本のような、ザカオさんの技。

 

また、お世辞抜きでザカオさんは、ダーマさんとの踊りを楽しみになさっています。

ライブでも、ザカオさん、モトキさん、ダーマさんが踊ることもあることから、ダンスはお上手なのです。

 

やはりダンスと言ったらザカオさんです↓

マサイさんのも実はダンスがうまいんです↓

 

スポンサーリンク

 

オタクなの?

 

「おたくとは何か」と、現在でも定義は確立していません。

また、ゲーム、アニメだけではなく、鉄道、カメラ、SF、アイドル…などなど、その分野は多岐に渡っています。

 

スマホゲームも普及し、今や電車や路上などで、ゲームをする若人も増えております。

なので、ゲームをしているからといって、すぐに、オタクと決めるのも、やぶさかなご時世です。

 

ただ、ダーマさんは、過去にオタクの聖典、『コミケ』で、目撃情報が多数あげられています。

 

 

『MARVEL』とは、アメリカン・コミック(アメコミ)を出版する企業です。

そこが出している、アメコミ系のTシャツを着て…コミケに参加する…これは、オタク確定でよろしいのでは、ないのでしょうか?

 

 

絶対に笑ってはいけないダーマがやばい!

 

「絶対に笑ってはいけないダーマ十二変化がとんでもない。」

 

ツッコミをしたシルクさん以外のメンバーは、ダーマさんの面白動画で見ただけなのです。

そこで、「今回は生でやってもらおうと思います!」言われ、「うそだろうー!?」と叫ぶマサイさん。

 

「僕らは編集されている彼を見るより、生の彼を見た方が、多分笑ってしまうから!」

「僕らからの観点から見て、彼は動画で出すより、生の方がいい」と、企画の説明が入ります。

 

 

スタンバイ前、チラッと顔を覗かせる、ダーマさん。

 

 

「もう(お笑い)モード入っている!」と、出だしだけでウケるメンバー。

 

 

今回は『絶対に笑ってはいけない』ので、水を口に含んで見て貰います。

水を吹き出さないでくださいねと、説明。

 

初手から、反則級の仮装をしてくれました!

 

 

水を吹き出して、爆笑する一同。

ダーマさんがやれば、何でも楽しい説が浮上しました。

 

 

本田圭佑さんの真似。

「あいつやべぇ。ちゃんとガガミラノつけてやがる」と、細かな芸も光ります。

 

 

キャッツアイを熱唱しながら、妖艶なダンスを見せてくる、ダーマさん!

「意外と脚綺麗だったな」と、ンダホさんが言ってましたが、確かに。

 

そして水着姿も披露!

 

 

自分のことを見たわねと非難する、謎の女子の真似をしてくれました。

ノリとテンションは半端ないです。

 

この後、モトキさんに「プール入るのに、メガネはかけないでしょ」と突っ込まれていました。

・ハーモニカをくわえたまま、こよりで鼻をくすぐって、くしゃみで演奏
・ドンキホーテで売られている、黄色いニワトリで、ハーモニカ演奏
・蝶の仮面に白衣姿で登場し、「お前余命三秒、フッフゥー!!」
・モトキさん、マサイさん、ンダホさんからお題をもらって、即興ラップ
・卒業アルバムを見て、特定の女子しか覚えていなかったコント

締めはこちら!

 

 

この姿で、何ら意味のない縄跳びをして、大きくため息。

その後「猫の動画って伸びるんでしょ?」と、問題?発言。

 

……いやいや、この猫じゃ、再生数は稼げませんから!という、ツッコミ待ちネタ。

 

 

意外と、メンバーにはウケております!

 

 

最後に、ご本人登場で、十二変化をやりとげたダーマさんですが、ピンは嫌だと、本音をポロリ!

ボケとツッコミがあって、本調子になるご様子。

 

そんなシュールなボケに、今日イチ、大爆笑されるメンバー!

ツッコミどころ満載で、面白かったです。

 

スポンサーリンク

 

ダーマのその他おすすめ動画は?

 

【大食い】ココアシガレット100本は甘党なら完食することができるのか!?

 

今回は、大食い企画をしたいと言うシルクさん。

さて、何を食べるのでしょう?というヒントに「キミがちょいちょい買って、俺らの目の前で食べているやつ」と、告げれば、「あっ!」と、すぐに分かるダーマさん。

 

「ココアシガレット!」と、見事正解!

ダーマさん、そんなにココアシガレットを食べていたのかと、逆に気になります。

 

ちなみにココアシガレット1箱6本14gあたりのカロリーは、28kcal。

1本約4.7kcal。

 

100本だと、約470kcal…と、カロリー的には、それほどでもありません。

……が、砂糖100gあたりのカロリーは、約387kcal。

 

砂糖100gまるっと食べるよりも、多いのです!

 

 

ココアシガレット、大食いチャレンジ、スタート!

最初から3本一気に食べてゆく、戦法です。

 

「砂糖をどこまで食えるかだよなぁ」と言いながらも、黙々と食べてゆかれます。

ココアシガレットの良い音が、響きます。このお菓子は硬くて、歯ごたえがあるのです。

 

 

「本当に甘党じゃないと無理だと思う!」と、企画されたシルクさんも、驚嘆!

ココアシガレットの破片が、奥歯の歯茎にささりながらも、食べ進んでゆきます。

 

 

途中、「水が欲しい」と言いながらも、無事100本完食!!

シルク「食い過ぎでしょ!」

ダーマ「お前が食わせたんだろ!」

 

この二人のやりとりは、エッジが効いてて楽しいです。

この動画の再生数は、なんと420万超え!

誰もが納得される、結果だと思います。

 

ダーマさんの関連記事はこちら↓

 

スポンサーリンク

 

Youtuber好きのあなたにオススメの配信アプリがこれ!

 

皆さんはどんな理由でYoutubeを見ますか?

金ちゃんは面白いYoutuberを見るのと同じくらい、目の保養をするために美人さんの動画を見ますが、特に金ちゃんと同じ理由で使っている人にオススメなのがライブ配信アプリです。

 

最近17Liveをはじめ、リアルタイムで美男美女と交流できるということで様々な配信アプリが流行していますが、その中でも特にオススメしたいのがPococha Liveです。

 

実は金ちゃんはPococha Liveの前には17Liveを使っていたんですが、大きく2つの理由でPococha Liveに切り替えたんですよね!

 

その主な理2つの理由がこちらです。

無料で確実にもらえるコインが多く、アイテムに消費するコインが少なくて済むので、より無課金でもライバーを応援しやすい!

②初心者ライバーが多いため、よりリスナーに優しく一生懸命な対応をしてくれるライバーが多い!

 

【PR】

Pococha(ポコチャ)-ライブ配信アプリ

Pococha(ポコチャ)-ライブ配信アプリ

DeNA Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

 

17Liveだとリスナーの数が多すぎて自分のコメントを読んでもらえなかったり、アイテムを贈っても見逃されることもしばしばですが、Pococha Liveでそれを感じたことがないんですよね。

 

17Liveよりも会話自体がゆったりしているので、よりライバーさんや他のリスナーと仲良くなりやすいのも魅力の1つでしょう。

 

そして、以前はPocochaをしている人自体が少なかったので、美男美女がいないイメージでしたが、最近はどの時間帯で見ても美男美女が増えてきました。

 

当然ながら、実際に自分がいいな!と思った人からリアクションされることの嬉しさたるや、ハンパじゃありません…

 

やはり、Youtubeではイベントに行ったりしないとYoutuberの方と交流することができませんが、Pococha Liveでは自分の気に入った方と仲良くなれるというのが人気の理由であり、最大の魅力です!

 

どんな人がやっているのか調べてみると、ミスiDのファイナリストや美人のフリーアナウンサー、中にはかなり有名な芸能人の方もいましたので、ぜひお気に入りの方を探してみてくださいね♪

 

Pococha(ポコチャ)-ライブ配信アプリ

Pococha(ポコチャ)-ライブ配信アプリ

DeNA Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

 

 

そして、認知度はそれほど高くないものの、配信者と音声やビデオで直接話せると話題のHAKUNA LIVE(ハクナライブ)にも注目です!

他のライブ配信アプリにはない機能なので、こちらもオススメですね!

 

【PR】

 

HAKUNA(ハクナ) - ソーシャルライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) – ソーシャルライブ配信アプリ

MOVEFAST Company, K.K.無料posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

普通の仕事と、YouTube…と、二足のわらじを履かれている、ダーマさん。

ボケもダンスも上手く、『見ているだけで癒やされる』、というファンも多いとか。

 

どうか甘いものの食べ過ぎで、身体を壊さないでいて欲しいものです。

 

ダーマさんの関連記事はこちら↓

フィッシャーズの関連記事を大量にまとめています↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク